JALで行く国内ツアー

【越後湯沢】シニア男性にも格安&お得なリフト代スキー場2023-24シーズン

この記事には商品プロモーションが含まれている場合があります。

ホウボウ
ブログ運営者
ホウボウ
リゾバ中の56歳ダイブマスター&旅人・JALマイラー。
20年のサラリーマンライフから沖縄でゲストハウス開業&廃業を経て、現在はリゾートバイト中の56歳のおっさんダイバーです。
旅をするようにリゾートバイトしながら各地を巡り、グルメ、観光、ダイビング、リゾートバイトについてつぶやいています。

2023年12月からリゾートバイトで新潟県湯沢町在住の筆者。

新幹線で東京から約2時間でアクセスできる日本有数のスキーリゾート越後湯沢。

休日をスキーやボードを楽しみたいのですが、有名どころのスキー場では1日券6,500円するところもあり、リフト代の高さに正直驚いています。

ホウボウ

それに一般的にレディースデーばっかりで、メンズデーってないしね

ただ探せばあるんですよね、リフト券が安いスキー場や購入方法が。

っと言うことで、「車でスキー場に行って、サクッと滑って帰る」ソロ活シニア男性でも楽しめる格安&お得なリフト料金のスキー場をまとめました。

2023-24シーズン2月上旬現在、筆者が実際に格安リフト代で滑ったスキー場をご紹介します。

記事の内容は当時の情報ですので、現在とは異なる場合があります。

目次

条件設定

筆者のスタイルからすると、条件設定はこんな感じです。

①規模・コースはこだわらない。
②3時間程度滑ればOK
③スキーの時だけレンタル
④移動手段は車
⑤平日

筆者はコースにこだわりは全くなく、また1日中ガチで滑るのでなく、サクッと3時間程度滑ればOKと言うライト層。

現在のリゾードバイト先でボードとスキーを借りることができますが、諸事情によりスキーはレンタルをします。

移動手段はもちろん車で、基本的に平日に滑りに行きます。

現地購入

湯沢パークスキー場

湯沢パークスキー場は初心者向けのゲレンデが充実しており、緩斜面のコースが多く、初心者でも安心して滑ることができ、また、キッズパークも併設されているので、小さなお子様連れにもおすすめのスキー場。

参照元:湯沢パークスキー場公式サイトより

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次