JALで行く国内ツアー

生い茂った山中に30万本の紫陽花でマイナスイオンに癒される

この記事には商品プロモーションが含まれている場合があります。

ホウボウ
ブログ運営者
ホウボウ
リゾバ中の56歳ダイブマスター&旅人・JALマイラー。
20年のサラリーマンライフから沖縄でゲストハウス開業&廃業を経て、現在はリゾートバイト中の56歳のおっさんダイバーです。
旅をするようにリゾートバイトしながら各地を巡り、グルメ、観光、ダイビング、リゾートバイトについてつぶやいています。

 

よへなあじさい園が2020年の5月31日に開園しました。

今年で20回目を迎えるあじさい園の開放は、今では6月の沖縄観光名所の一つとなっていますね。

 

 

 

 

 

よへなあじさい園は30万本のあじさいの風景だけでなく、「メディニラ・マグニフィカ」や「ベコニア」などあじさい以外の花がまた綺麗で、そしてあじさいを際立たせてる感じが見事です。

 

 

そして、道端にもいろんな花が咲いています。

目を引いたのがこちら。

 

 

 

花の名前は分かりませんが、一ヶ所から放射線状に花が咲いている形が印象的でした。

 

 

 

6月と言えば、ジューンブライド。

ウエディングの撮影もできます。

 

 

 

よへなあじさい園は沖縄本島北部の山中にあります。

なので内地と全く違った山の風景、シダ系が生い茂ったジャングルっぽいところがあります。

そのジャングルの中に3溶け込む30万本の紫陽花は、内地では見る事のできない風景で、それを楽しめるのがいいですね。

 

 

おわり

 

〒905-0221

沖縄県国頭郡本部町伊豆味1312

0980-47-2183

 




コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次