牧志公設市場6月16日まで営業。仮設移転先で7月1日再開。

 

 

 

沖縄那覇の台所・第一牧志公設市場は老朽化の為、建替えとなります。

 

「第一牧志公設市場の最終営業や仮設市場開始はいつ?」

あと1ヶ月強で現市場が終了します。

 

2019年6月16日(日) 最終営業

2019年6月17日(月) 市場閉場 移転・仮設開業準備開始

2019年7月01日(月) 仮設市場営業開始

2022年3月31日(木) 仮設市場営業終了

2022年4月01日(金) 新市場営業開始

 

 

 

仮設市場の場所は現市場から徒歩3分ほど離れたところです。

国際通りからは微妙に近くなったような感じです。

 

 

仮設市場のイメージ。

イラストだからでしょうか?今までと違って、オシャレに見えますね。

 

出典:第一牧志公設市場公式HPより

 

仮設市場は現市場と同じ2階建てになっています。

1階:店舗

 

出典:第一牧志公設市場公式HPより

2階:飲食店

 

出典:第一牧志公設市場公式HPより

 

観光客に一番人気の鮮魚コーナー。

この景色も仮設市場で変わらずに見れますね。

 

 

ハリセンボンにサングラス。

魚は目が横にあるから、かけれませんね(笑)

 

 

2階の食堂。

個人的には少し古びたところが食堂って感じで好きですね。

 

 

写真左側が第一牧志公設市場です。

公設市場の軒下のお店も仮設市場に移動します。

右側のお店はそのままのようです。

工事中はアーケードも解体されるそうが、新市場完成後は青空なのか?アーケードが復活するのか?気になるところです。

 

 

 

第一牧志公設市場正面。

 

 

 

完成イメージ。

工事範囲外の対面のお店が今のまま並んでると、

ギャップが激しすぎる感じがしますね。

 

出典:第一牧志公設市場公式HPより

 

第一牧志公設市場の歴史は戦後1951年から始まり、現在の建物は1972年に建てられました。

1951年 牧志公設市場開設。

1969年 第二牧志公設市場が開設。

牧志公設市場が第一牧志公設市場へ改名。

1972年 第一牧志公設市場が現在の建物になる。

2001年 第二牧志公設市場が閉鎖。

 

歴史ある第一牧志公設市場もあと1ヶ月見納めですね。

まだ行ったことのない方は、ぜひ一目みに行ってはいかがでしょうか?

 

おわり

 




お得な割引情報ご宿泊特典

こんな記事も読まれています



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »