与論島と沖縄観光が高速船就航で便利で楽しくなる【2021年夏】

沖縄本島と与論島・沖永良部島を結ぶ定期旅客船が、
2021年7月、就航との発表がありました。

運営は千葉県館山市で海中観光船の日東商船株式会社(東京都)。

なぜ千葉県の会社と思いますが、
日東商船株式会社の西田富士雄社長は、
与論島出身です。

これで与論島や沖縄本島での観光の幅が広がりましたね。

目次

航路 沖縄ー与論島ー沖永良部島

沖縄本島側は北部、沖永良部島側は南部の港を利用することによって
距離と時間を短縮しています。

出典:日東商船株式会社ホームページより

運航ダイヤと運賃

運行は1日2往復。
沖縄本島・塩屋漁港から与論港まで1時間半。
知名港までは2時間半。

出典:日東商船株式会社ホームページより

片道運賃の予定価格
与論島~沖縄本島間が3500円
沖永良部島~沖縄本島間が4500円

港までのアクセスや現地での交通の便

誰もが問題点と思うのが、
港へのアクセスもしくは現地での交通の便でしょう。

与論島・沖永良部島

与論島ではバスは北回り(時計回り)、
南回り(反時計回り)の2つのルートが、
島を1周しています。

各ルート1日5分、運賃は一律200円、1周約40分。

バス停はありますが、タクシーのように気軽に手をあげて、
どこでも乗り降りが出来ます。


他はタクシー、レンタカー、レンサイクル、レンタバイクですが、
都会のようにタクシーは流しはつかまらないと考えた方がいいでしょう。

沖永良部島も各種運賃等の違いはありますが、
与論島と似たような環境でしょう。

与論島と沖永良部島は既存のフェリー航路の港を使用するので、
待合室もあります。

与論港 撮影者ホウボウ
与論港:撮影者 ホウボウ友人

沖縄本島大宜味村・塩屋漁港

塩屋漁港は名護市よりさらに北部の大宜味村にあります。

那覇空港から沖縄自動車を経由して、約2時間強。

那覇まではかなり遠い位置にあります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる