老舗中の老舗で沖縄旅飯【チャーリー多幸寿(タコス】

沖縄で最初のタコス店と言えば「チャーリー多幸寿(タコス)」。

1956年創業の老舗中の老舗のタコス店ですね。

「Aサインの許可証」が飾ってあるところに歴史を感じます。

本土復帰前の沖縄で、米軍公認の飲食店やホテルなどに与えられた営業許可証のことを「Aサイン」と言います。

当時は米軍の人たちで賑わっていたのでしょうね。

チャーリー多幸寿(タコス)は席を確保してから、カウンターへ行き注文となりますが、満席の場合は、席が空くのを待ってから注文します。

テイクアウトもできます。

タコスを注文する時は三種類の肉(ミート、チキン、ツナ)から選びます。

今回はミートで1P注文しました。

チーズとトマトにタコミート。

いつも「こぼれないかな?」っと感じるてんこ盛りのレタス。

これがタコスの醍醐味に感じます。

摘まんでみると、この皮はいいですね。

パリッとしたハードなアメリカンタイプでもなく、柔らかなメキシコタイプでもなく、レタスをこぼすことなく、程よく摘まみやすい皮でした。

ハードだとパリパリ割れてしまうし、ソフトだとフニャって感じになるんだけど、チャーリーの皮はちょうど良いですね。

味はもちろん「美味しい!!」です。

チャーリー多幸寿(タコス)は2店舗あって、今回お邪魔したのは、1号店の沖縄市アベニュー店です。

2号店は国際通りにあります。

メキシコ生まれだけど、今や沖縄B級グルメの一つタコス。

沖縄最初のタコス店【チャーリー多幸寿(タコス)】で、沖縄旅飯をぜひ楽しんで貰いたいですね。

お勧めのタコス店ですよ。

おわり

チャーリー多幸寿(タコス)アベニュー店

〒904-0004

沖縄市中央4丁目11-5




よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる