昭和からアメリカンがチャンプルーしている食堂ミッキー

 

 

 

沖縄の料理と言えば、チャンプルー料理ですね。

ゴーヤーチャンプルー、ソーメンチャンプルー、フーチャンプルー、豆腐チャンプルーなどなど。

 

沖縄の方言で「いろんなものを混ぜる」と言う意味の「チャンプルー」を使って、時折「沖縄はチャンプルー文化」と表現する事があります。

 

沖縄は琉球王朝時代、中国や東南アジアとの貿易が盛んで、その文化が取り入れられており、明治以降の日本文化、そして太平洋戦争後のアメリカ統治によるアメリカ文化などが入り混じって「チャンプルー文化」となったのでしょうね。

 

沖縄ゲストハウスふしぬやーうちーのある読谷村に隣接する沖縄市は、米兵で賑わう街として、独特の雰囲気のある街として発展しました。

 

なので、食堂も独特な雰囲気があって、大衆食堂「ミッキー」は1970年創業の老舗食堂です。

 

 

沖縄市のアーティストと言えば、DAPUMP ISSA。

どこに行っても人気者ですね。

 

 

 

ISSAは沖縄市の夜の観光大使なので、2019年2月にも来ていたみたいですね。

多分、沖縄市で夜な夜な飲み歩いていたら、普通にISSAと会える気がします(笑)。

 

 

 

広島カープの春季キャンプ地が沖縄市なので、カープのサインやグッズなどが飾られています。

 

 

 

店内はカウンターとテーブル席。

 

 

 

一緒に行った友人が「ところどころにアメリカっぽいところがある。」と言っていましたが、自分はよく分かりませんでした。

 

その友人曰く、「隣席(下の写真ではありません)のイスがめっちゃオシャレで、そこに座りたかった。あれはアメリカテイストだね。」

 

 

壁に貼り付けてあるメニューを見て、

 

 

セルフサービスのドリンク。

 

 

 

シークワーサー入りアイスティー。

超激甘でした。

 

 

 

昭和のドライブインにはほぼ確実にあった星占い。

久しぶりに見ましたね。

 

 

 

注文したのは「カープ道やきそば(ケチャップ焼きそば)」

広島のテレビ番組「カープ道」の方が、「番組名のついたメニューを」とのリクエストから、赤色のケチャップ焼きそばを作ったそうです。

 

 

なんとなくスパゲティのナポリタンに似ています。

チーズを振りかけると、まさにナポリタンでした(笑)

 

 

 

とにかく地元の人に愛されている老舗食堂ミッキー。

定休日の日曜日も元気があれば、営業されるそうです。

 

おわり

 

大衆食堂ミッキー

〒904-0004

沖縄県沖縄市中央3丁目1-6

沖縄ゲストハウスふしぬやーうちーから車で約20分

 

 




お得な割引情報ご宿泊特典

こんな記事も読まれています



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »