名古屋式モーニングから冷やし中華と多彩なワッツザストーリー

 

 

豪華なモーニングで有名な場所と言えば名古屋を中心とした中部圏。

 

ランチに行ったワッツザストーリーのメニューを見た瞬間、お店の方に「オーナーは名古屋出身の方?」と聞くと、「はい!!」との返事。

 

「8:00~11:30までドリンクを注文のお客様にはモーニングプレートをお付け致します。」の説明と写真をみると、名古屋のノリが出ているのが、すぐに分かりましたね(笑)

 

これを経験しちゃうと、ドリンクだけではちょっと損した気分になるのが、ネックです(笑)

 

 

 

ランチメニュー

この写真の仕上げ方はおしゃれ感満載ですね。

 

 

 

店員さんに「ぜひ」と勧められたので、1日10食限定の冷やし中華を注文しました。

 

 

 

かなりオシャレな感じで冷やし中華がでてきました。

 

麺はモチモチした弾力があって、食べごたえがありました。

絶品のアグー豚しゃぶと野菜にゴーヤが入ってるところが、沖縄色がでていますね。

 

 

今回はつけ麺風にタレにつけながら食べた為、基本的に全て食材を別々に食べました。

また辛しを混ぜるのもやりづらく、結局辛子は使っていません。

自分としては冷やし中華は深皿で、タレと辛子を混ぜて、麺と具材を一緒に食べたかったですね。

 

 

食後にコーヒーとデザートとしてぜんざいがついてます。

ぜんざいは沖縄のかき氷タイプでなく、内地仕様の温かいタイプのぜんざいです。

 

 

 

店内はカウンターとテーブル席、ソファー席があり、かなりおしゃれな造りになっています。

 

 

2階席と言うかロフト席があります。

予約で観光客らしき女性グループが案内された時、めっちゃ歓声が上がっていました。

おそらく、かなりの人気席ではないでしょうかね。

 

 

 

雑貨の販売していて、またそれが店内のおしゃれ感をアップしていました。

 

 

お店は国道58号線沿いにあって、那覇方面から嘉手納ロータリーを越えてマクドナルドを過ぎると左手にレンガ造りを模した建物がお店になります。

 

隣がタトゥー屋さんでです。

 

 

 

 

ワッツザストーリーはおしゃれ感たっぷりの店内に加え、メニューの写真や冷やし中華の盛り付けからすると、インスタ映え好き女子にはたまらないお店ではないでしょうか?

 

そして、沖縄では珍しいモーニングからランチ、ディナーまであり、また夜はバーのように飲めるみたいなので、行く時間によって違う雰囲気が楽しめそうですね。

 

おわり

 

What’s the story?(ワッツザストーリー)

〒904-0204

沖縄県嘉手納町水釜185-3

沖縄ゲストハウスふしぬやーうちーから車で約15分

駐車場6台

 

 

 




お得な割引情報ご宿泊特典

こんな記事も読まれています



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »