アメリカ式中華料理チャプスイ【沖縄謎のメニュー】

 

 

どんな料理か想像もつかないメニューが沖縄にはちょこちょこあります。

 

写真のメニューを見て「?」ってありませんか?

チャプスプイ、ポークトウフ、フライライス・・・

ハムエッグでなくハムエッグスのスは複数形?

 

 

 

お店の人に聞くと「ポークトウフが野菜炒め、フライライスはチャーハン」でした。

 

フライライスは何となく分かりますが、ポークトウフから野菜炒めはさすがに辿りつきませんでしたね(笑)

 

ハムエッグスのスは聞き忘れてしまったので、残念ながらナゾのままです。

 

 

今回の主役はチャプスイです。

 

チャプスプイ

チャプスイ(広東語 雜碎、英語 chop suey)は、アメリカ式中華料理の一種である。広東省台山市名物の広東料理、炒雜碎(チャーウチャプスイ)がもとになった料理[で、豚肉、鶏肉、タマネギ、シイタケ、モヤシなどを炒めてスープを加え煮た後に水溶き片栗粉でとろみをつけ、主菜としてそのままあるいは白飯や中華麺に掛けて食す。

引用:ウイキペディ

 

何となくイメージはつきますね。

 

 

チャプスイを食べてみよう

 

こちらが注文したチャプスイです。

 

 

 

ライスとチャプスイが出る前に、食前のポタージュスープが出されます。

 

 

 

見た目で分かると思いますが、「八宝菜」もしくは「皿うどんの具材とアン」のような感じがチャプスイです。

 

卵が上にのっていますが、これはお店によってのってない場合もあります。

 

味もお店によってもちろん違います。

こちらのお店の味付けは、かなりの薄味で「八宝菜」より「皿うどんの具材とアン」にかなり近い感じがしました。

 

自分は皿うどんを食べる時、ウスターソースとラー油を掛けています。

今回はお店にラー油がなかったので、、ウスターソースだけ掛けて頂きました。

 

 

 

 

ステーキハウス金松

 

今回チャプスイを頂いたお店は北谷港近くの「ステーキハウス金松」です。

地元の人に人気のステーキ屋さんです。

 

 

 

 

 

基本的に広いテーブルを使ってるので、グループで入りやすいお店だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ステーキ屋さんなので、メニューの主役はもちろんステーキです。

 

 

 

大人のお子様ランチこと「A、B、Cランチ」もあります。

 

 

 

沖縄のステーキ屋さんでソースと言えば「A1」ですね。

 

 

 

アメリカ式中華料理と言われているチャプスイですが、沖縄の中華料理屋さんで見かけたことがなく、昔からあるドライブインやレストランでチャプスイを見かけているような気がしますね。

 

もしチャプスイを見かけたら、そこは昔ながらのお店のかもしれませんね。

 

おわり

 

ステーキハウス金松

〒904-0114

沖縄県北谷町字港11

 

 




 

 

お得な割引情報ご宿泊特典

こんな記事も読まれています



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »