MENU

【ダイビング】お勧め・一番好きな・もう一度行ってみたい国内の海

初心者ダイバーさんから、
「お勧めの海は?」「一番好きな海は?」
って質問がよくありました。

特に沖縄でゲストハウスをしていた頃は、よく聞かれていましたね。

私の中では、「お勧め海」と「一番好きな海」は違っています。
そして「もう一度行ってみたい海」もあります。

私の主観ではありますが、
お勧めの海から紹介していますね。

お勧めの海・宮古島

1.宮古ブルーと呼ばれる青い海

○○ブルーと呼ばれる海は
日本全国いや世界中にあります。

ただ条件の良い時は、
正直どこもきれいです。

しかし、宮古島はそれだけではありません。

宮古島は川のない島なので、
陸上からの汚水が非常に少なく、
クリアです。

大雨の後の海をみたら一目瞭然です。

もちろん、最高のブルーではありませんが、
川がないだけで、全く違います。

旅行前に台風や大雨があった場合、
その濁りがなくなるには時間が必要です。

川がない宮古島は、
それだけ早く濁りがなくなるので、
きれいな海に会える確率がそれだけ高くなります。

2.常にあるダイナミックな地形

宮古島でのダイビングのウリは
ダイナミックな地形。

もちろんマンタなどの大物、可愛らしい生物に、
八重干瀬(やびじ)のサンゴなど、
いろんなスタイルを楽しめますよ。

ダイビングでリスクと言うか残念なことって何だと思いますか?

一番は海況が悪く潜れない。
次が「会いたかった生物」に会えないです。

近場の海なら「まっ、いいか。次々」ってなりますが、
わざわざ遠くから飛行機に乗って、
「潜れない」は自然相手だけど、残念ですよね。

もし潜れても、
お目当ての生物に会えるとは限りません。

しかし、地形は逃げません

地形は常にそこにあり、逃げませんし、外しません。

この「外さない」は相当なメリットです。

ちなみに私はハンマーヘッドシャークで有名な与那国島で、
ハンマーを外しています。

それまで3日連続1日3本を潜っていましたが、
4日目は観光も楽しもうと、
2本にしたところ、
出たんですよ、ハンマーが。

しかも70匹ぐらいの団体さんで。

こう言うことも織り込み済みがダイビングなんですが、
悲しいものがありますね。

なので外さない地形は、大きなメリットですね。

2010年10月 ポイントは一ノ瀬ホール
モデルは私w

3.JTA直行便が便利

東京と言うか、羽田空港に近い人向けになります。

JTA羽田ー宮古島は時間的にとても便利です。

6:40羽田ー9:55宮古島
19:45宮古島ー22:15羽田

この便だと1泊2日でも、
ほぼまる2日宮古島に滞在しています。

お金に糸目をつけなければ、
ダイビングは無理ですが、
シュノーケリングなら日帰りで楽しめます。

東京在住時代、
江戸川区葛西に住んでいた為、
羽田までリムジンバスで30分、
バス乗り場まで徒歩2分と言う好条件でした。

宮古島での最終日は、
宮古温泉に入り、
オリオンビールを飲んで、そのままフライト。
羽田からリムジンバスで家も近い。

東京の街中を歩かないので、
一目は気にせずに、
温泉あがりのジャージ姿と便所サンダルで
リラックススタイルの乗り物移動。

23時半には、そのままジャージで
部屋の布団に入り、就寝。

この便利さがとても気に入っていました。

ジャージ姿はともかく、
JTA直行便を活用できるなら、
とても楽に宮古島で遊べます。

こんな感じで、
宮古島を一押しのお勧めの海と答えていました。

ホウボウ

10年間通いまくりで、年間40日間は宮古島にいました。
それぐらい、ホントにいい島いい海で、お勧めです。
いろんなお店の方に宮古に住んでいると、当時は思われていたなぁw

JALで行く、格安国内旅行なら【ニーズツアー】!

一番好きな海・西伊豆

これは文句無しに西伊豆です。

1.海の中の四季を楽しめる西伊豆

透明度はもちろん宮古島など、沖縄の海には勝てません。

でもダイビングは透明度だけではありません。

陸上と同様にも四季があります。

なので四季おりおりの風物詩もまた、
ダイビングの楽しみの一つです。

「冬になってくると、深場の魚があがってくる」、
透明度が悪くなるけど冬が終わると感じる「春にごり」、
夏の終わりに黒潮にのってやってくる南国の幼魚「季節回遊魚」、
他にも「産卵」など、いろんな自然を感じることができます。

もちろん、沖縄の海でもありますが、
南国の海は水温が高いところで動くのに対し、
伊豆は「それなりに高いところ」から「それなりに低いところ」
で動くので、四季がはっきりとしていると思います。

沖縄では雪もなければ紅葉もありません。

しかし例えば東京23区内を見てみると、
街路樹の樹々で紅葉、桜、天気では冬は雪、夏はめっちゃ暑い
と四季を感じることができます。

これが海の中でもあって、
西伊豆は「四季を楽しめる海」
なんですよね。

2.関節した富士山を見ながらのダイビング

伊豆が好きなった最大の理由は富士山。

冠雪した富士山をみながら、
海に入る。
めっちゃ気持ちいいですよ。

千葉・房総半島からも見れるのですが、
富士山が小さい。

ダイビングに限らず、
西伊豆から眺める富士山は最高ですよ。

ブログの富士山は西伊豆の戸田漁港から、
出航した時に撮影したものです。

あわせて読みたい
富士山を見ながらダイビングが醍醐味の西伊豆。
富士山を見ながらダイビングが醍醐味の西伊豆。  4年ぶりにホームグラウンドの西伊豆でのダイビング。伊豆は沖縄の海と違って、四季のメリハリがあって、楽しいですね。私は同じ伊豆でも西伊豆の方が好きで...

もう一度行ってみたい海・小笠原

もう一度いってみたい海。

それは小笠原諸島で決まりです。

小笠原に行ったのは、2005年05月。

東京から南に1000km離れた、
飛行機では行けない、
船で24時間かけて行く
神秘の島・小笠原。

世界自然遺産となった今は、
当時と違って多くの観光客が押し寄せてるのでしょうね。

小笠原は大陸とつながった事のない島で、
小笠原独自の自然がとても魅力的ですね。

自然の魅力だけでなく、
船旅の魅力も素晴らしいです。

特に父島を出航する時のお見送り。

船の両サイドをダイビング船が囲んで、
並走してくれます。

ダイビング船から、
バック転で海に飛び込むなどの
パフォーマンスで見送ってくれました。

何とも言えない、感動がありました。

ホウボウ

父島からの出航で、
船旅の良さをあらためて実感したね。
クセになるよ。



前回は小笠原・父島のみでしたが、
次は母島も行きたいですね。

こんな感じで宮古島・西伊豆・小笠原と紹介しましたが、
まだまだ紹介したい海があるので、
随時アップしていこうと思います。

おわり

ちなみに今まで潜った海です。

北海道:積丹、支笏湖

房総半島:西川名、勝浦

東京:伊豆大島、八丈島、小笠原父島

山梨:本栖湖

三浦半島:城ヶ島

伊豆半島:大瀬埼、井田、土肥、安良里、田子、雲見、菖蒲沢、稲取、北川、赤沢、八幡野
     伊豆海洋公園、富戸、川奈、伊東、宇佐美、熱海

新潟:佐渡島

和歌山:南紀白浜、勝浦

広島:瀬戸内海

宮崎:南郷

鹿児島:坊津、奄美大島、屋久島

沖縄:本島、座間味島、渡嘉敷島、宮古島、石垣島、西表島、波照間島、与那国島

おわり

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる