MENU

鹿児島坊津ダイビングは伊豆に南国雰囲気

大阪在住時のビキナー時代は白浜、東京在住時はホームグランドを西伊豆、サブを宮古島とし、時々他の海へ行っていました。

しかし九州は奄美大島、屋久島は潜りましたが、本土の方は潜ったことはなく、一度は潜ってみたいと思っていました。

そして今回そのチャンスがきましたね。

九州本土で初のダイビング鹿児島県坊津(ぼうのつ)はどんな海なのか?とても楽しみで、めっちゃ期待してダイビングショップに向かいましたよ。

今回お世話になったショップはLA・BOMBA(ラ・ボンバ)。

ショップは別の場所にあるようですが、港にあるログハウスに集合となります。

シャワーや器材洗い場ももちろんありますよ。

そのログハウスは写真ではもう少し左側で、船はログハウスの目の前に留めてあります。

港の名前は聞いていませんが、グーグルマップでは坊泊漁協がそばにあるので、坊泊港だと思います。

 

 

エントリーは2020年10月02日、午後2ボート

ポイントまで約10分程度、1ダイブ毎港に戻るスタイルです。

 

1本目のポイントは鵜ノ島。

港から10分ほど、南西方向(グーグルマップで見ると多分)に鵜ノ島があります。

 

 

この日透明度の方は、まぁ8~10mぐらいでしょうか?

抜けてるわけではありませんが、伊豆のような雰囲気を感じて、なんとなく懐かしい気がしました。

 

久しぶりに見たミギマキ。

沖縄では見なかったなぁ。

エキジット後、一緒に潜ったダイバーさんに「ミギマキ、タカノハダイを見て久しぶりに内地で潜ってるって感じた」と言ったら、「写真を撮ってるから?と思ったけど、沖縄では見ないんだ。ハタタテハゼがいたから声を掛けようとしたけど、沖縄では普通に見てるよね。」

やっぱり見れる魚の違いが良くわかりますね。

 

愛くるしい顔立ちのジョーフィッシュ

 

この日一番の大物マダラトビエイ。

かなり間近で見られてラッキーでしたね。

 

分かりづらいのですが、こちらのタコは2匹いて交尾中ぽっかったですね。

 

2本目のポイントはジャッキーレック。

1本目のポイントより北?と言うか、外洋ではないけどそっち方向でした。

見事なシコロサンゴの群生など、このポイントはサンゴが多く見ごたえがありました。

 

穴を潜り抜けるなど、地形も豊で面白い。

 

相変わらずの巨漢イシガキウミウシ。

 

ピンボケで残念。

イシガキウミウシに住み着くウミウシヤドリエビ。

 

ちょこまか動いて、撮影者泣かせ筆頭格のミナミハコフグ幼魚。

 

サンゴ、地形、マクロと2本目は1本目以上に熱いダイビングでした。

初めて潜った鹿児島坊津の感想は、地形は東伊豆のような雰囲気があって、観察できる魚も伊豆と似ていますが、南国系の魚が伊豆より強い感じがして、面白い海でしたね。

ダイビング後の宿泊地なんですが、坊津は指宿温泉まで車で30分程度で行けるので、ダイビングと温泉がセットで楽しめます。

もちろんこの日は指宿温泉に宿泊しました。

初九州本土のダイビングは温泉好きダイバーにはたまらない楽しいダイビングでした。

 

おわり




 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる