「沖縄そば」の記事一覧

優しいあっさり味の期間限定イカ墨そば【浜屋そば】

  google-translator]   北谷町砂辺の超人気店「浜屋そば」。 骨がトロトロになるまでしっかり煮込んだソーキやゆし豆腐など、具材がとても美味しいそば屋さんです。   沖縄旅・・・

スープをセルフで注いで食べるヤカンそば【八重食堂】

    google-translator]   沖縄そばの具材は・三枚肉とソーキそばの具材・ソーキをミックスしたそばが人気の八重食堂。 もちろん、三枚肉そば、ソーキそばも注文できますが、値・・・

【まるは】こだわりのミジュン出汁の沖縄そば専門店。

    google-translator]   国道58号線を読谷村から恩納村にむけて北上すると、左手にひと際目立つオブジェ。   ミジュン(沖縄の方言でイワシ)を出汁に使った【・・・

豊富なメニューでがっつり飯を堪能【だるまそば】

    「がっつり飯」って感覚は人それぞれですね。   自分の感覚では、価格、ボリュームがバランス良く振り切ったのが「がっつり飯」と思っています。   味の方はそれほどこだわらず、・・・

他のそば屋さんにはない個性的なメニューの花織そば。

    花織そば生粋の沖縄そば屋さんですが、店の幟やメニューを見ると、他のそば屋さんと違って少しユニークな感じがします。   中華料理店ではありませんが、店の前の幟には「ぎょうざ」、「レバニ・・・

定番から個性的な沖縄そばを楽しめる読谷村。

    沖縄の代表的な郷土料理・沖縄そば。 出汁はカツオと豚骨が主流ですが、鳥もあります。 麺は細、太、平、丸、ちぢれがあり、平麺が細平麺、太平麺と言う具合に地域によって違っています。   ・・・

沖縄そばの町もとぶの代表的なそば屋「きしもと食堂」。

  「沖縄そばの町宣言」を行った本部町商工会。 2010年から沖縄そばの日(10月17日)に合わせて10月にそばフェアが行われ、2018年の今年で第8回目は10月27日(土)に行われました。   今年・・・

自家製麺にあっさりスープ 恩納村のなかむらそば。

      読谷村から名護方面へ北上する国道58号線。 途中バイバスと旧道に分かれます。 旧道を走ると沖縄本島の景勝地万座毛に行きますね。 この旧道には「おんなサンセット海道」と言う愛称がつ・・・

備瀬のフクキ並木道でのんびりと食事 コッコ食堂。

    美ら海水族館のそばにある観光名所の一つ「備瀬のフクギ並木道」。 フクキに囲まれるように民家があって、フクキは防風林、防砂林の役目を果たしています。   「コッコ食堂」はそのフクキに囲・・・

そば処根夢(ごん)豚骨ベースにかつおが効いたスープ3代目沖縄そば王

  追記:2018年11月30日に閉店しました。 2011年前後、あなたが選ぶ沖縄そば王と言う番組が放送されてました。 初代そば王「いしぐふー」、2代そば王「王家」、3代目そば王が「そば処 根夢(ごん)」。 &・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »