沖縄のソウルフード タコライス発祥の地 金武(きん)町。

-->

沖縄のソウルフードの一つタコライスは今から29年前の1984年(昭和59年)に金武町で生まれました。

当時円高で米兵が外食を控え為、安くてタコスよりボリュームのあるタコライスが考案されました。

その発祥のお店は、キャンプハンセン第1ゲート前にあります。

キャンプハンセン第1ゲート。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

繁華街の入口・新開地ゲートには日米の国旗が飾られてます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そしてタコライス発祥のお店「パーラー千里」へ・・・・すると・・・残念閉まってました :cry:。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

気を取り直して、元祖タコライスのお店・キングタコス1号店へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

発祥と元祖の違いですが、実は「パーラー千里」と「キングタコス」の創業者は偽保 松三と言う同じ人なんですね。

看板もこんな感じになってます(笑)。

ただ、千里の方で先に売り出したようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こちらで注文したのは「チーズ野菜タコライス」。お値段は600円。

皿に盛った米飯の上にタコミート、千切りのチーズ、レタス、トマトなどを順に載せ、トマトベースの赤いサルサをかけて食べる単純な料理ですが、おいしいんですよね 😛 。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こちらはボリューム感がウリで、横から見ると高さがハッキリ分かります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おいしく頂いた後は、米兵などで賑わう夜の金武町を探索と言いたいところですが・・・それは今は昔、夜の繁華街がこんな感じになってます。

噂では土曜日だけは賑やかとも聞きますが、どうなんでしょうね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

タコライス発祥のお店「パーラー千里」は沖縄ゲストハウスふしぬやーうちーから車で30分ぐらいのところです。

発祥のお店でのタコライスはいかがですか?

 

 

 

 

お得な割引情報ご宿泊特典

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ