沖縄の食堂での定番 みそ汁。

 

 

 

沖縄の食堂で定番定食メニューと言えば、ゴーヤチャンプルーやソーメンチャンプルーなどの○○チャンプルーの他にみそ汁と言うのがあります。

みそ汁は和食の基本一汁三菜で言えば主菜ではないですが、沖縄はでは主菜としてみそ汁定食があります。

イメージするなら、豚汁定食みたいな感じですかね。

 

今は沖縄の食堂でもゴーヤーチャンプル定食やさしみ定食のように○○定食とメニューに載っていることが多いのですが、昔ながらのメニューでは○○定食と書いてないことの方が多いですね。

単品メニューの書き方で定食なんですね。

 

写真は読谷村の「中川牧場食堂」のメニュー。

みそ汁としか書いてありませんが、メニューの写真にはライスがついています。

 

 

こちらが注文した「みそ汁」。

スープはもちろん味噌で、具材は豆腐、野菜各種に豚肉そして卵なんですが、中川牧場食堂では生卵が別盛りにされています。

卵かけごはんにもできますが、私はみそ汁の中に入れて頂きました。

 

 

 

追記:中川牧場食堂は2018年8月31日をもちまして閉店しました😢

いい食堂だったのに、残念です。

 

 

さて、こちらは宿から徒歩5分のところにある「おふくろ食堂」のみそ汁。

券売機の写真は撮っていませんが、こちらもみそ汁定食ではなく「みそ汁」としか書いてありません。

 

 

こちらは豚肉だけでなくポークも入っています。

この具の下の方に半熟のようなゆで卵が埋まっています。

 

 

北谷町にある国道58号線沿いの「最強食堂

ここでも写真を撮っていませんが、券売機にはみそ汁定食ではなく「みそ汁」としか書いてありません。

 

 

中川牧場食堂やおふくろ食堂に比べ、みそ汁感が強く感じますね。

 

 

こちらも豚肉とポークのミックス。

半熟卵が中に埋まっていました。

 

本部港前の「みなと食堂

○○定食とは書いてありませんが、メニューにライス・スープ付と書いてありますね、

 

 

みなと食堂のボリュームの多さにはいつも脱帽します。

 

おばぁやねぇねぇに「ライスとスープおかわりしてね」と毎回言われますが、おかわりをしたことがありません(笑)

できないんですよね(笑)

 

 

沖縄そばの具材でもあるしっかり煮込んだ三枚肉と他の具材も豊富な種類、そして全てのメニューが常にメガ盛り級のみなと食堂。

遅い昼食の時は、夕食を抜くこともしばしばあります。

 

 

 

どうでしたか?

沖縄の定番定食みそ汁はお値段も500~600円が多いので、お手頃感がありますね。

みそ汁は食堂よってはっきりと違いがでるメニューなので、沖縄にリピートするなら食べ比べするのも楽しいと思いますよ。

お得な割引情報ご宿泊特典

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ