スパイスの香り漂うカレー屋さん コフタ。

 

宿を始める前、10年間ほど年間30日間は通っていた宮古島。

1~2ヶ月ごとに行きつけの居酒屋などに顔を出していたので、住んでるって思われていたみたいです(笑)

2016年ぐらいに閉店したようですが、その頃よく食べに行ってたカレー屋さん「まなつのスパイスカフェ茶音間(ちゃのま)」がお気に入りの一つでした。

 

その茶音間で5年ほど働いていたスタッフが沖縄本島・読谷村で「スパイスカレー コフタ」をオープンしていました。

 

店内

 

「あっ、茶音間と同じ匂いだ!!」と茶音間の常連客であればそう感じるでしょう。

入った瞬間スパイスの香りがお迎えしてくれます。

厨房は店内に入ってすぐ右にあって、スパイスも並んでいます。

スパイスは茶音間と同じお店から仕入れているそうです。

 

 

建物は平屋の1階建て。

ふしぬやーうちーと同じ沖縄本島では外国人住宅と呼ばれる一軒家です。

 

 

 

小さい部屋も客室しており、現在座敷タイプの部屋を造っていました。

 

 

メニュー

ライスは白米ではなく、ターメリックライスを使用。

 

 

チャイなどのスタンダードはもちろん自家製スパイスコーラとお店独自のドリンクメニューもあります。

 

 

今回は2種盛りを注文。

 

カレーメニュー

・ホワイトミートコフタカレー

豚と牛の粗挽き肉で作ったスパイシー団子を青唐辛子を効かせたリッチなホワイトソース煮込んだカルダモン香るホワイトカレー。

・トマトフィッシュカレー

ビターなソースにトマトとタマリンドの酸味を加えた健さんメカジキのフィッシュカレー。

・県産きのこココナッツカレー

爽やかな黒胡椒香るココナッツソースに県産のエリンギ、くろあわび茸、しいたけ、ぶなしめじを合わせたカレー。

 

恥ずかしながらブログを書く時点で、「何を頼んだっけ?」って感じで、多分左がホワイトミートコフタカレー、右が県産きのこカレーだったと思います。

 

 

プレートもきちんと説明を受けたのに、内容を覚えていません😢

 

最初はおすすめの食べ方で、頂きました。

 

場所

 

国道58号線から県道6号線に入り、読谷高校、郵便局、大木バス停を通り過ぎて、左手の路地に入ります。

 

 

 

 

宿から車で5分ぐらいのところにあるコフタ。

今は昼間だけの営業ですが、いづれは夜もオープンする予定のようですよ。

END

〒904-0316
沖縄県読谷村大木375番地A-23
080-9990-4479

 

 

 

 

 

お得な割引情報ご宿泊特典

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ