沖縄国際カーニバル2015 大綱引き。

-->

沖縄国際カーニバルの名物・東西対抗大綱引き。
東軍が沖縄市、西軍が嘉手納基地と日米対抗戦みたいな感じの大綱引きです。
観光客を始め誰でも参加できますし、東西の綱どちらでも引けます。

西軍の雌綱。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雄綱と雌綱を結ぶかぬき棒。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雄綱が運ばれてきました。

綱の重量は4t。
運ぶのも一苦労です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雄雌両方の綱が運ばれて、まずはエイサー。
アメリカ人の女の子も踊っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いいポジションで気持ち良く見学してますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エイサーの後、雄綱と雌綱の繋ぎます。
これが重労働なんですよね。
そして1本になって8tの大綱の完成です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実行委員長と嘉手納基地司令官の握手で大綱引きが始まります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

沖縄国際カーニバルの大綱引きのルールはこんな感じです。
5分間3本勝負。
5分以内で5m引いた方が勝利。
それ以外は引き分け。

さぁ開始・・・ではなく、まずは子どもたちで大綱引き。
綱は重くて動かないけど、子どもたちは楽しそうでしたね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大綱引きの開始。
1本目は引き分け、2本目は西軍の勝利。
これがホントに疲れるんですよね。

屈強な米兵も疲れ切ってるので、3本目の前に史上初の5分間休憩をとることになりました(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして引き分け以上なら東軍が勝利となる3本目。

気合入れて引く米兵中心の西軍。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

専門学生が中心の東軍。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3本目の結果は引き分け。
トータル1勝2分で今年は東軍の勝利でした。

沖縄国際カーニバルは毎年11月に2日間、沖縄市で開催されてます。

大綱引きにも気軽に参加できるイベントなので、楽しいですよ 🙂

お得な割引情報ご宿泊特典

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ