引越し時の不用品処分費用は手際よくゼロにしよう。

2月も半分がすぎ、引越シーズンに入りましたね。

ところで、引越し時の不用品処分で苦労してませんか?

不用品処分ってお金がかかるし、
引越まで時間がないし、
まいりますよね。

ホウボウは沖縄で一戸建ての賃貸で、
宿泊客13名のゲストハウスを運営していましたから、
廃業して実家に戻る時の処分は大変なものでした。

2段ベットは6台、寝具多数、棚や冷蔵庫、洗濯機など
実家に持って帰れませんからね。

仮に持って帰れても、運搬費が大変ですよ。

ホウボウ

最初は引越し費用と処分費を
どうしようかと思ったよ。

結論として、処分費はゼロ円になったので、ラッキーでした。

目次

稼ぐと言う欲を捨て、基本的に自分で運ばない

引越しするのに期限があります。

自分がリサイクルショップなどに行き、
できるだけ高く売ると言う考えは、
捨てた方が良いでしょう。

時間がないので、勿体ないです。

まずは「時は金なり」と言う事で、
欲は捨てましょう。

出張買取で大物を買い取ってもらう

定番中の定番ですが、
大物類や電化製品を買い取ってもらいます。

電化製品だったら、
自分で運んだら?と思いますが、
結構無駄になります。

実は7年を超えていると、
買い取ってくれない事が多いです。

ゲストハウスを開業して8年でしたので、
TV、ビデオ、冷蔵庫、エアコン、
ガスコンロ、洗濯機、乾燥機
など、ほとんどの電化製品の買取がありませんでした。

これにはちょっとショックでしたね。

無料でとお願いしても、
リサイクルショップも処分費がかかるから、
引き取ってくれません。

なんでも買います!【買取屋さんグループ】

ジモティーで売る

買取の次はジモティーに掲載して売ります。

こちらも処分費がかからなければ良いとの発想で行きます。

また、購入者が取りに来るため、
こちらは動かなくても良いです。

実際に売れたのの一部です。

羽毛布団とマットレスはカバーをつけての使用で
清潔かつ綺麗でしたので、
アップして速攻で完売しました。

敷布やタオル類など直接肌に触るものは、
安くしても売れませんでした。

ただ、来られた方との会話で、
無料で譲るなどして、
どんどん減らしていきました。

洗濯機、乾燥機、物干しざおと台など
が売れた時はホントに楽になりましたね。

ちなみに、今の車はジモティーで購入しました。

最後の最後で残り物をリサイクルショップに持っていく。

最後の最後で残り物を、リサイクルショップに持っていきましょう。

その日のランチ代がでればラッキーぐらいの気持ちがいいですね。

ホウボウの場合、
マンガ倉庫に持っていきましたが、
まさしくランチ代でしたね。

有料粗大ごみで廃棄

各自治体でルールは異なりますが、
有料で処分します。

これが一番安いですからね。

自治体が引き取らないものを業者に依頼

植木やブロックなど、
自治体が引き取らない粗大ごみを業者さんに、
回収に来てもらいます。

結構な費用がかかるので、
最後の最後にお願いするがいいでしょう。

結論:処分費はゼロになった

出張買取  +42,000円
ジモティー +20,000円
マンガ倉庫  +600円
有料粗大ごみ ▲1,500円
回収業者業者▲60,000円

収支は+1,100円となりました。

ただ、自治体指定の袋を大量購入するなど、
経費があるので、実質ゼロですね。

まとめ

引越しと言っても色々なパターンがあります。

家族全員が一緒に引越すなら、
それほど処分するものはないでしょう。

ただ単身赴任などの一人暮らしから実家に戻る場合は、
多くの家財道具があり、
それを持ち帰るところなく、じゃまになると思います。

かと言って、処分費がかかるのも困りものです。

出張買取やジモティーを使って、
上手に処分費を捻出するといいでしょう。

ただ、欲を出して高めの価格設定にすると
全く売れないので、
そこは求めずに行動した方いいですね。

おわり

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる