JALで行く国内ツアー

8月はマンゴーの季節!!アップルとキーツの両方がそろい踏み。

この記事には商品プロモーションが含まれている場合があります。

ホウボウ
ブログ運営者
ホウボウ
リゾバ中の56歳ダイブマスター&旅人・JALマイラー。
20年のサラリーマンライフから沖縄でゲストハウス開業&廃業を経て、現在はリゾートバイト中の56歳のおっさんダイバーです。
旅をするようにリゾートバイトしながら各地を巡り、グルメ、観光、ダイビング、リゾートバイトについてつぶやいています。

沖縄の代表的なフルーツ、マンゴー。

一般的にはこちらのアップルマンゴーのイメージが強いですよね。

完熟したものは糖度が15度程度あり、完熟した時の甘い香りは何とも言えません。

収穫時期は6月下旬から~8月下旬なので、まだ購入ができます。

アップルマンゴーを購入する時には熟れ具合の確認が必要で、「完熟」と「追熟」の2種類があります。

完熟マンゴーの場合は冷蔵庫に入れて冷やし、美味しく食べますが、追熟マンゴーはすぐに冷蔵庫に入れるのはNGなんですね。

完熟マンゴーは甘い香りが強く香り、表皮が少し柔らいので、早めに食べないと熟れ過ぎてぐちゅぐちゅになってしまいます

追熟マンゴーは常温(25℃ぐらい)で乾燥させないように熟すまで待ちます。

その間、プルームと呼ばれる白い粉が出ていますが、水分の調整や病気から守る為の分泌物だそうです。

甘い香りが出てきて、表皮が柔らかくなれば、冷蔵庫で冷やして美味しくいただきます。

完熟アップルマンゴー贈答用 秀品 1kg (2~3玉)化粧箱入り

こちらがキーツマンゴ。

収穫時期は8月上旬頃〜9月初旬とアップルマンゴーに比べ短めです。

大きさはアップルマンゴーに比べ2倍ぐらいあり、重さは1kg~2kgもあります。

こちらもアップルマンゴーと同じで追熟して食べるのですが、熟す前に食べると、甘さがイマイチかもしれません。

と言うのもキーツマンゴは、収穫後はすぐ固く、味も酸っぱいらしく食べられないそうです。

熟れるには、収穫後10日強必要らしいのですが、熟れたらアップルマンゴーより甘く、糖度は16~19もあるそうです。

アップルマンゴーに比べ見た目がこんな感じなので、人気度は落ちる為生産者が少なく、量が少ない事から幻のマンゴーと呼ばれる所以です。

キーツマンゴー(優品)1kg(2~3個) 沖縄県産

8月は沖縄フルーツの両横綱アップルマンゴーとキーツマンゴーが揃うので、食べ比べなどして沖縄フルーツを楽しんでみてはいかがでしょうか?

マンゴーだけでなく、他のフルーツももちろん美味しいですよ。

あわせて読みたい
沖縄フルーツ パッションフルーツとパッシフロラ・アラタを食べ比べてみた。 2018年5月中旬の沖縄は連日の快晴で、観光日和が続いてます。ただ、ダムの貯水率が約50%なので、そろそろ雨が降ってくれないとキツイ状況になりそうです。 ゴールデンウ...

おわり




コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次