海外旅行でのバックパックやカバンのスリ対策

 

 

 

海外旅行中に注意しないといけない事の一つがスリではないでしょうか?

 

海外ではスリが多いと聞きます。

グループで取り囲んで、一人が話しかけきて気をそらした隙に、別の人がカバンからすって行くとかあるそうです。

しかも、その集団が小さい子だったりとか。

 

もしパスポートをすられたら、その瞬間、旅行は終了。

もう最悪ですよね。

 

自分はスリ対策として、いかにも面倒なカバンだと思ってもらう工夫をしています。

 

まずはバックパックから。

こちらが普段使用しているバックパックです。

 

 

かれこれ5年ぐらい使用していますが、使いやすい上に丈夫で、大変重宝しています。

バックパックはの容量は50L(45L+5L)で、確か5,000円ぐらいの手頃な価格でした。

 


 

盗難対策として、バックパックに少し細工をしています。

 

写真の通り、バックパックの口を絞る部分にチェーンを通しています。

そして、南京錠付きです。

 

チェーンは口を閉めている時だけでなく、「柱」や「スーツケースの持ち手部分」をなどに括りつけ南京錠で鍵を掛け、置き引き対策にも使用できます。

 

ナイロン製なので、ナイフで切られたら終わりですが、それでも面倒くさそうに見えるので、かなりの防犯にはなると思います。

 

 

 

バックにも細工しています。

 

全てのジッパーにカナビラ的なフックを取り付けています。

 

 

 

カナビラをショルダーの根元の輪っかに掛けて、開けにくくします。

 

 

このバックもナイロン製なので、ナイフで切られたら終わりですが、ジッパーを開けてのスリは面倒くさいと思います。

 

スリや盗難に遭わないコツの一つは「面倒くさいヤツ」と思わせることだと思います。

あっ、人間としてでなく、カバンを開けるのにですよ(笑)

 

おわり

 




ふしぬやーうちーインスタグラムはこちら

お得な割引情報ご宿泊特典

こんな記事も読まれています



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »