魚と鬼太郎のまち【境港】海鮮とドライブを楽しめる妖怪の町

美味しい海鮮が食べられる境港はゲゲゲの鬼太郎の作家・水木しげるが育ったこともあって、「魚と鬼太郎のまち境港」として鳥取屈指の観光スポットとして、鳥取砂丘と人気を二分しています。

その妖怪の住むまちwに現実逃避の旅に行ったなら、海鮮の食事を堪能し、景観を楽しむことをお勧めします。

今回は2022年4月に、人間界から妖怪のまちへエスケープした時の海鮮と景観を紹介します。

目次

ランチタイム内は水木しげるロード周辺、外は国道周辺がおすすめ

駅そばの水木しげるロード付近や国道431側に境港の海鮮を食べられる飲食店が数多くあります。

ランチタイム内(11:00~14:00)であれば駅付近の水木しげるロード周辺、ランチタイム外であれば国道431号線周辺がお勧めです。

これは水木しげるロード周辺の飲食店はランチタイムが終了すると、いったん閉店し夕方から再開と言う飲食店が多く、国道431号線周辺はランチタイム終了後も営業続ける飲食店が多いからです。

ホウボウ

単なる個人的な肌感覚だけどね

水木しげるロードはJR境港駅から水木しげる記念館まで約800m続く、道の両側に177体の妖怪ブロンズ像が並ぶ妖怪の道。

水木しげるロード沿いには、お土産物屋さんと飲食店がずらりと並んでおり、あの「すなば珈琲」もあります。

今回実食した水木しげるロード付近と国道431付近の飲食店を紹介します。

花筏

外観・場所

花筏は水木しげるロードから港側に入った住宅街にある漁師さん直仕入れの新鮮魚介類・かに・ うどん・鍋料理の食事処。

ホウボウ

うどんが「長崎の五島うどん」ってとこがユニーク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる