読谷【ホランイキッチン】沖縄の食材をふんだん使った和食と韓国食の融合

 

モンゴル800のキヨサクさんのサインがキッチン前のカウンターに置いてある韓国料理店【ホランイキッチン】は2020年4月7日に読谷村にオープンしました。

お店の方に話を聞くと、最近は週一のペースで来られてるらしいので、もしかしたら会えるかもしれませんね。

 

 

記事タイトルの「沖縄の食材をふんだん使った和食と韓国食の融合」は、写真に収めていませんが、お店の入口に貼ってあったキャッチフレーズです。

「和食と韓国食のフュージョン(融合)料理。

沖縄の食材をふんだんに使ったオリジナル料理を是非ご賞味ください。」

 

と言うことで吸い寄せられるように店内へ。

 

初めての来店と言うことで、ネイティブな日本語を話す韓国の方が料理の説明をしてくれました。

 

 

 

 

初めてのお店で注文に迷った時は一番上のメニューを選んでいます。

その理由は、自分の肌感覚で基本的に他のメニューより安くて美味しい、つまりコスパが良くて外さない確率が高いですね。

 

なので、ビビンバを注文しました。

 

 

 

コジジャンは目玉焼きの下に、パリパリするヤツ(名前がわからないので)に入れてあります。

 

 

 

説明で「日本人の方はあまり混ぜず、きれいなまま食べる人が多いですが、しっかり混ぜて食べてください。(ここから記憶が微妙)しっかり混ぜた方が美味しい、もしくは、しっかり混ぜないと美味しさがでない。」みたいな説明でしたので。しっかり混ぜました。

 

もちろん、美味しかったですよ。

 

 

スープは冷たいワカメスープでした。

夏限定かな?

 

 

 

店内はかなりゆったりとしています。

 

 

 

 

 

2020年8月現在の営業日と土日休みの11:30~16:00となっています。

沖縄県独自の緊急事態宣言もでており、沖縄県内は総じて自粛している状況です。

 

コロナが収束しメニューがフルになった時、いろんな料理を楽しみたいですね。

 

余談ですが、オーナーさんはDIY好きだと思います。

店内にマキタの工具が置いてあり、店内の音もマキタのスピーカーから流れていました。

 

おわり

 

ホランイキッチン

 

 

〒904-0313

沖縄県中頭郡読谷村大湾468-7

070-4336-9273

那覇方面から国道58号線大湾交差点を左折。

すぐ左側にホランイキッチンがあります。

 

 




ふしぬやーうちーインスタグラムはこちら

お得な割引情報ご宿泊特典

こんな記事も読まれています



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »