沖縄B級グルメ代表格Aランチは大人のお子様ランチか?

 

 

人気の沖縄県民食のランチメニューAランチ。

今は閉店しているコザ市(現沖縄市)ニューヨークレストランが、

タクシーの運転手さんの為に1856年に考案された、

洋食プレートがAランチだそうです。

 

2011年から始まっているコザAランチ選手権などもあり、

根強い人気のメニューであることが分かります。

 

Aランチの他に、Bランチ、Cランチとあり、Aランチが一番高級と言うか、

豪華と言うか、まぁ、質もですが量が多いって感じで、松竹梅の松みたいなもんです。

 

Aランチは品数が5品以上とかと言われていますが、定かではありません。

 

 

Aランチを食べてみよう

 

ぴゅあ食堂

 

Aランチ 750円

 

 

 

 

 

基本ベースのCランチがご飯・とんかつ・ポーク・目玉焼き・スパゲティー・サラダ・スープ

Bランチでハンバーグ、Aランチでハンバーグとエビフライが追加されています。

 

 

 

沖縄市登川にある2011年4月オープンのぴゅあ食堂は、

社会福祉法人輝翔福祉会の就労支援事業としてオープンした食堂です。

 

 

 

ぴゅあ食堂

〒904-2142

沖縄市登川508

沖縄ゲストハウスふしぬやーうちーから車で約20分

 

 

ハイウエイドライブイン

 

こちらはCランチ 680円。

 

写真ではスープとプレートが一緒ですが、

コース料理の様に最初にスープが出て、

それからプレートが出されます。

 

 

 

 

玉子焼きに見えますが、メニューにはスクランブルエッグと書いてあります。

そのスクランブルエッグの下にハンバーグが隠れています。

 

 

 

基本ベースのCランチがご飯・サラダ・とんかつ・ハンバーグ・スクランブエッグ・スープ

Bランチでハム、Aランチでウインナーチキンが追加されています。

 

 

 

 

ハイウェイドライブインは沖縄県が本土復帰前にオープンした食堂で、

現在の店舗は2015年に移転しており、ぴゅあ食堂から車で1~2分ぐらいのところです。

 

 

 

ハイウェイドライブイン

〒904-2142

沖縄市登川701

沖縄ゲストハウスふしぬやーうちーから車で約20分

 

 

 

がじまる食堂

 

こちらはA、B、Cはなく、メニューとしてはただのランチとなっています。

品数からして、Cランチに相当するのではないでしょうか?

 

汁物はスープでなく、味噌汁です。

 

 

メニューの写真右上に「ランチ 650円」があります。

 

 

 

北谷町にあるがじまる食堂は骨汁で有名で、多くのファンがいる典型的な沖縄の食堂です。

 

 

 

がじまる食堂

〒904-0101

沖縄県北谷町上勢頭814-1

沖縄ゲストハウスふしぬやーうちーから車で約20分

 

 

 

ところで、ここまできて気づいたことがありませんか?

A、B、Cの各ランチは日替わりランチなどのランチタイムのランチではなく、

「沖縄そば」や「ゴーヤーチャンプルー」と同様、メニューの名前なんですね。

なので、夜でも「Aランチ」と言って注文することになります。

 

それと「大人のお子様ランチ」に見えませんか?

あと、ジャンクフードに近いノリも感じませんか?

 

個人的にはそんな風に見えるから、身近な沖縄県民食として愛されてるんだろうと

感じています。

 

おわり

 




お得な割引情報ご宿泊特典

こんな記事も読まれています



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »