JALで行く国内ツアー

意外と個性がある沖縄の弁当屋さん定番100円そば。

この記事には商品プロモーションが含まれている場合があります。

ホウボウ
ブログ運営者
ホウボウ
リゾバ中の56歳ダイブマスター&旅人・JALマイラー。
20年のサラリーマンライフから沖縄でゲストハウス開業&廃業を経て、現在はリゾートバイト中の56歳のおっさんダイバーです。
旅をするようにリゾートバイトしながら各地を巡り、グルメ、観光、ダイビング、リゾートバイトについてつぶやいています。

 

 

 

沖縄料理の定番の一つ沖縄そば。

日本人だけでなく外国人観光客がこぞって訪れるそば屋さんも数多くありますが、テイクアウトができるお弁当屋さんの100円そばも捨てがたいですね。

小腹がすいたときに、立ち食いソバやファーストフードのノリでちゃちゃっと食べれるので、けっこう便利です。

ただ意外とお昼のみのお弁当屋さんが多く、昼過ぎには店じまいされるので、そこのところは注意が必要ですね。

いつも1時過ぎには売り切れになるぐらい人気の読谷村大湾にあるお弁当屋さん。

 

 

こちらは普通麺とよもぎ麺があって、いつもよもぎ麺を選んでいます。

具はかまぼこが1枚。

 

 

天かすは入れ放題です。

 

 

沖縄市池武当近くのお弁当屋さん。

 

 

2時から半額ですが、おそらくほとんど売り切れてるでしょうね。

この日も残り2個ぐらういでした。

 

 

こちらの100円そばは具があるタイプ。

これだけ具があって100円はめずらしい気がしますね。

 

 

先ほどのお弁当屋さんから少し離れたところにあるお弁当屋さん。

カレー入れ放題200円が目を引きます。

カレー入れ放題は100円そばと同じカップを使って、カレー入れ放題です。

 

 

こちら100円そばの具は紅ショウガ入り。

 

天かすは入れ放題。

 

 

たった100円のそばですが、意外とお弁当屋さんの個性が出ていると思いませんか?

100円そばで天かす入れ放題が多いのは、お弁当のおかずに揚げ物が多い為、天かすがたくさん出るからでしょうね。

 

100円そばはたまにラップってのもありますが、ほとんどは蓋つきのカップなので、お弁当屋さんの近くが海や公園だったら、テイクアウトして青い空の下で、食べるのもいいかもしれませんね。

 

 

 

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次