宜野湾漁港のみなと食堂は地元の人達で賑わうフードコーナー。

 

 

沖縄本島を南北を繋ぐ国道58号線の西側に宜野湾バイパスが走っています。

宜野湾バイパスは海側を通るので、海水浴場やヨットハーバーがあり,宜野湾漁港も宜野湾バイパス沿いにあります。

 

 

 

宜野湾漁港のそばにある旬鮮市場「ぎのわんゆいマルシェ」の中にいつも大勢の人で賑わう「みなと食堂」があります。

 

 

 

みなと食堂は4つの食堂で成り立っており、サービスエリアのフードコートのような感じです。

 

 

 

新垣食堂

持ち帰りのてんぷらがじゃんじゃん売れていました。

 

 

 

がぶり食堂

沖縄の食堂メニューが中心

 

 

 

琉球

メニューは海鮮一本。

 

 

 

えいと食堂

沖縄の食堂メニューが中心。

 

 

 

えいと食堂のお客さん専用テーブル席が別室にあります。

他の食堂の料理の持ち込みはNGです。

 

 

 

えいと食堂・ゴーヤチャンプルー

680円ぐらいだったと思います。

 

 

 

がぶり食堂の・豚カツ麻婆豆腐

750円ぐらいだったと思います。

 

 

 

自分は琉球で海鮮にしました。

ただ、沖縄に全く縁のない魚介類は選びません。

沖縄の漁港なので、やっぱり地元沖縄県産・地魚を選びたくなりますよね。

 

 

 

選んだメニューは地元で水揚げされたいわしのフライ定食。

ちなみに沖縄では、いわしのことをミジュンと言います。

 

 

 

サイズ的には満足のいわしフライ。

でも2枚じゃあ少し寂しくないですか?

できれば3枚欲しかったですね。

 

 

 

肉厚のいわしだったので、食べ応えがありました。

ソース類はポン酢、タルタルソース、中濃ソース3種類。

いわしが肉厚でいわしそのものの味がしっかりとしていたので、ポン酢では弱く、タルタルソースか中濃ソースが合いました。

個人的には中濃ソースが一番ぴったりでした。

 

 

みなと食堂の客層を見てみると、旬鮮市場に買い物にきた地元の人や日に焼けた人が多かったので、ダイビングのトレーニングなどを行う施設・宜野湾マリン支援センター絡みの人たちもたくさん来ているのでしょうね。

 

観光客は全体的に少ない感じでしたね。

 

すぐそばには日帰り温泉施設もありますので、風呂上がりの食事ちょうど良いと思いますが、ただ閉店が19:00と早いので、気をつけてくださいね。

 

みなと食堂は4店舗あるので、食べ比べするのも楽しむのも、良いかもしれませんね。

 

おわり

 

ぎのわんゆいマルシェ

〒901-2223

沖縄県宜野湾市大山7丁目10-1350-81

沖縄ゲストハウスふしぬやーうちーから車で約30分

 

 




 

ふしぬやーうちーインスタグラムはこちら

お得な割引情報ご宿泊特典

こんな記事も読まれています



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »