JALで行く国内ツアー

Diving@真栄田岬(7/17)。

この記事には商品プロモーションが含まれている場合があります。

ホウボウ
ブログ運営者
ホウボウ
リゾバ中の56歳ダイブマスター&旅人・JALマイラー。
20年のサラリーマンライフから沖縄でゲストハウス開業&廃業を経て、現在はリゾートバイト中の56歳のおっさんダイバーです。
旅をするようにリゾートバイトしながら各地を巡り、グルメ、観光、ダイビング、リゾートバイトについてつぶやいています。

先日、真栄田岬の駐車場でお話しをしたご夫婦から「サンゴがたくさんあるよ。」と教えて貰ったポイントを目指しました。

エントリーすると、浮遊物が多く透明度もイマイチ。

サンゴを期待して、水深6mを移動。

途中、アマミスズメダイのカーテンを突き抜けます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

かなり移動しましたが、サンゴのキレイなところが分からず、あえなくUターン 😥 。

釣り人が喜びそうな大き目のイシガキダイ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

何かテンションあがる獲物がいないかなぁとキョロキョロすると、何かが・・・・・・サメ?

テンションがあがると同時、「大丈夫な奴?ヤバイ奴?どっち?」ってな感じでドキドキしてきました。

個体2匹が完全に近づいてきました。よ~く見ると・・・コバンザメでした(笑)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

コバンザメはサメとついてますが、サメではなくスズキ目コバンザメ科でサメとは違うんですよね。

この、コバンザメ結構大きくて2mはあったような・・・そして目の前でグルグル楽しそう?にパフォーマンスをしてくれました(笑)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

コバンザメはジンベイザメやマンタ等の下によく吸着しているので、もしかして近くにジンベイ?と一瞬と期待してしまいました(笑)。

最後の最後にテンションMAXのダイビングでした 😛 。

 

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次