JALで行く国内ツアー

ヘルパーさんの体験ダイビング@真栄田岬

この記事には商品プロモーションが含まれている場合があります。

ホウボウ
ブログ運営者
ホウボウ
リゾバ中の56歳ダイブマスター&旅人・JALマイラー。
20年のサラリーマンライフから沖縄でゲストハウス開業&廃業を経て、現在はリゾートバイト中の56歳のおっさんダイバーです。
旅をするようにリゾートバイトしながら各地を巡り、グルメ、観光、ダイビング、リゾートバイトについてつぶやいています。

筆者がゲストハウスを開業中、ヘルパーさんをシュノーケリングや体験ダイビングに連れて行ってました。

台湾へ帰国前に真栄田岬・青の洞窟へ体験ダイビングにトライしたヘルパーさん。

台風の影響で海況が気になったけど、運の強い人はすごいね。

透明度のいい海でダイビング。

そしてエキジット直後、クローズ。

ホントにラッキーだったね

注意事項の説明を受けて、早速海へ。

うねりがあったけど、余裕のヘルパーさん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここから約100m泳いで洞窟へ行きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

洞窟の入り口。

泳ぎがしっかりしてるね 🙂

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

洞窟に入ると、暗所を好む魚がけっこういます。

こちらはアカマツカサの群れ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

洞窟の奥から出口を見ると、こんな感じです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水面を泳ぐシュノーケルの方が青の洞窟を実感できるんですよね・・・

通常体験ダイビングでは水面に浮上しませんが、今回は浮上してシュノーケルと同じ目線で青さを堪能。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青のど真ん中での写真。

よかったね 🙂

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

再度潜行して、お魚を観察しながら戻ります。

今年の夏は台風が来なかったので、海水温が高くて、サンゴがめちゃくちゃ白化している沖縄の海。

白化するのはサンゴだけでなく、イソギンチャクも白化するんですね。

イソギンチャクを住み家にしているクマノミの仲間・ハマクマノミ。

住み家のイソギンチャクが白化しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イソギンチャクの影にはタマゴがありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アップするとこんな感じです。

この子たちの住み家がはやく元に戻ってくれたらなぁ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

定番のクマノミももちろん元気です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

約40分の水中散歩もこれで終了。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初めてのダイビングはめっちゃ楽しかったみたいだったね。

それに、落ち着いた泳ぎだったよ。

台湾もすばらしいダイビングスポットがたくさんあるから、行ってみてね 🙂

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次