家の外回りの台風対策は貼る・縛る・外す・寝かす

 

 

面倒くさくても毎回しなければならないのが、台風対策ですね。

そして台風の強弱があっても、ほぼ行うことは同じです。

貼る・寝かす・外す・縛るの繰り返しですね。

 

目次

 

 

貼る

 

飛来物が当たり、割れるのを防ぐことから始めます。

 

 

 

雨戸やシャッターが無い場合はダンボールを貼ります。

 

 

 

回りが囲まれていて、飛来物が当たらないような窓には、吹き込み防止でガムテープを貼ります。

部屋の中からの目張りも良いですが、剥がれる可能性もありますが、外からの目張りもした方が良いでしょうね。

 

 

 

外す

 

このように、ぶら下がっているもの物は全て外しましょう。

 

 

 

縛る

 

風で煽られるものは閉じて、紐で縛りましょう。

 

 

 

 

寝かす

 

植木は大物は陰になるような場所に寝かします。

 

 

 

小さい植木は風の行き止まりになるところに置きます。

風の行き止まりは、落ち葉や砂などが風で吹かれて溜まるような場所です。

 

 

 

 

こちらは停電対策で必要です。

長時間停電した時の為、冷蔵庫の保冷用で氷を多く作っておくと良いでしょう。

 

 

 

氷以外は台風が来るたびに作業して、去る度に元に戻しています。

台風の来るピッチが短いとホントに面倒なんですが、やらないわけにはいきません。

 

年々台風が大型化している気がするので、もう少し対策の強化が必要な気がします。

 

みなさんもしっかり台風対策を行って下さいね。

 

おわり

 




 

ふしぬやーうちーインスタグラムはこちら

お得な割引情報ご宿泊特典

こんな記事も読まれています



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »