創業340年の味の夏目漱石や棟方志功が愛飲した白牡丹酒造。

 

 

 

JR西条駅から徒歩約4分の白牡丹酒造。

 

「白牡丹」の銘柄五摂家の一つ、京都鷹司家の当主から命名された。

ロゴは、同蔵の酒を愛した棟方志功の版画「牡丹花」でラベルに用いられている。

「祖業堅守」を旨とし、創業より作り続けている日本酒は、甘口の酒として親しまれている。

(恋のしずく公式ガイドブック「川栄李奈 酒都・西条へ」より抜粋)

 

試飲は無料で楽しめます。

白牡丹酒造は延宝3年(1675年)年創業と広島県内で最も古い歴史を持つ酒蔵です。

 

 

 

 

このパターンでの試飲は珍しい。

 

 

 

店頭カウンターでもお店の方が他のお酒の試飲も勧めてくれます。

 

まだ使えそうな樽が展示してあります。

 

 

 

今も休まずチクタクチクタク動いていた「大きな古時計」

古書によると「慶長五年九月 関ガ原の戦いに、島左近勝猛、西軍の謀士の長たりしも、戦に破れ、長男新吉戦死す。

次男彦太郎忠正 母と共に京都に在りしが、関ガ原の悲報を聞き、西走して安芸国西条に足を止む。彦太郎忠正の孫、六郎兵衛晴正、延宝三年酒造業を創む」とあります。

(白牡丹酒造ホームページより抜粋)

建替えはされてますが、今なおその場所で酒を造っている白牡丹酒造にこの古時計はしっくりします。

 

 

映画「恋のしずく」を公開を記念して、映画の中から生まれた、懐かしい恋のような純米酒。」ということで、舞台となった銘醸地である東広島市の9つの蔵から純米酒が発売されています。

 

白牡丹酒造の他、賀茂鶴酒造、西條鶴醸造、白牡丹酒造、柄酒造、賀茂泉酒造、亀齢酒造、福美人酒造、山陽鶴酒造、金光酒造

 

 

 

創業340年以上の歴史もの間受け継いだ味に進化を加えた甘口のお酒は、文豪・夏目漱石も愛飲しています。

読書の傍らに一杯が似合う日本酒でしょう。

 

おわり

白牡丹酒造

〒739-0011

広島県東広島市西条本町15-5

 




お得な割引情報ご宿泊特典

こんな記事も読まれています



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »