車と沖縄へはどちらを選ぶ【沖縄ー鹿児島フェリー】【車両輸送+空路】

リゾバで広島から沖縄へ移動することになった筆者。

本土から車を持ちこむ移動の場合、次の2択しかありません。

・鹿児島まで車で移動し、鹿児島からフェリーで沖縄へ
・貨物として車両輸送し、飛行機で沖縄へ

筆者は2020年10月、沖縄から鹿児島へフェリーで移動し、広島まで陸路で移動しました。

当時は2020年10月はGoToトラベルで1泊が伴う夜行バスやフェリーでの移動が非常に安価だったからです。

2022年6月現在、夜行バスやフェリーではGoToトラベルのようなキャンペーンは無いため、沖縄へ車と移動するには、かなりの費用がかかります。

検討した結果は陸路で鹿児島まで行き、沖縄までカーフェリーを利用しました。

今回は車と沖縄へ移動の検討と利用したフェリーについて紹介します。

目次

【沖縄ー鹿児島フェリー】【車両輸送+空路】検討結果

筆者の地元広島市を起点地として沖縄までの検討となります。

ちなみに筆者の車は軽自動車です。

【沖縄ー鹿児島フェリー】の場合

1日目:夜間 鹿児島へ
2日目:18:00発 鹿児島新港
3日目:16:40着 沖縄・本部港+宿泊

概算費用
高速代:6,400円
燃料代:5,000円
フェリー代:72,000円
宿泊費(1泊) :5,000円
合計:88,400円

【車両輸送+空路】の場合

1日目:夜間 福岡博多港へ
2日目:午前 車持込み+宿泊
3日目:飛行機移動+宿泊
4日目:夕方 沖縄・那覇新港車引取り
+宿泊

概算費用
高速代:4,000円
燃料代:3,000円
輸送費:53,000円
飛行機:10,000円
宿泊費(3泊):15,000円
合計:85,000円


金額・日数ともに大きな差はありませんが、結論として【沖縄ー鹿児島フェリー】を選択しました。

理由としては次の2点です。

  • 日数が1日少ない
  • 船旅を楽しめる

他の活動ができる時間が取れる

旅と言うスパイスが加わって移動が楽しくなる

こんな感じでフェリーを選択しましたが、ちなみに筆者は2020年10月、沖縄→鹿児島をマルーフェリー株式会社のフェリー波之上で乗船したことがあり、この時も似たような理由でフェリーを選択しています。

あわせて読みたい
コロナ渦とGoToトラベルで沖縄鹿児島フェリーの旅を選択 2020年9月末日、8年間沖縄読谷村のゲストハウスを閉店し広島へ戻ることに。 「車を持って帰る」を含めたその交通手段をどうするか?を検討しました。 ただ単に帰るので...

沖縄ー鹿児島 カーフェリー航路について

カーフェリーは2社4船で運行

「マルエーフェリー株式会社」「マリックスライン株式会社」の2社が2船づつ沖縄ー鹿児島を運行しています。

マルーフェリー株式会社の船は「フェリーあけぼの」、「フェリー波之上」、マリックスライン株式会社は「クイーンコーラルプラス」、「クイーンコーラルクロス」。

4船が毎日上り下りを交互に運行しています。

筆者は2022年5月25日にクイーンコーラルプラスに乗船しましたが、翌日出港するフェリーあけぼのが後方に停泊していました。

運行航路

航路は鹿児島新港ー奄美大島ー徳之島ー沖永良部島ー与論島ー沖縄・本部ー沖縄・那覇

参照元:マリックスライン株式会社ウエブサイトより

運行ダイヤ

沖縄-鹿児島を25時間で移動する運行ダイヤになっています。

参照元:マルエーフェリー株式会社ウエブサイトより

クイーンコーラルプラスに乗船

乗船の決め手は展望浴室

今回はマリックスライン株式会社は「クイーンコーラルプラス」に乗船した決め手は展望浴室。

シャワー室のみが一般的なフェリーですが、「クイーンコーラルプラス」には湯舟があります。

水平線を見ながら、湯船につかる。

ホウボウ

気分は豪華客船や

ただ今回は残念な結果に(涙)

意外と安いレストランメニュー

フェリー内のレストランって高そうってイメージがありますが、正直安いです。

黒豚とんかつ定食は別格として、他のメニューは500円(税込)~700円(税込)が主流。

夕食メニュー
牛丼500円(税込)
朝食メニュー
カレー500円(税込)

自販機の缶ビールもコンビニより少し高い程度。

筆者は昨シーズンスキーやスノボーに12回ほど行っており、スキー場のレストランは具無しカレーが1000円クラス、缶ビールも500ml500円などの価格を目にしていたので、フェリーの低価格には正直驚きました。

ホウボウ

フェリー価格で高いと思い込んでいたんだよね

ドリンクは多少持ち込んでも、弁当などの食事はレストランをお勧めします。

ただレストランの営業時間には注意が必要です。

レストランの営業時間は各港に停泊中のみで、航行中は営業しておりません。

写真は11:30沖永良部島着の時の営業時間です。

コンセントやWi-Fi

筆者は利用した船室は2等船室、つまり雑魚寝の部屋な為、基本的にコンセントはありません。

ただラッキーな席が一つだけあります。

他のすみっこの席にはコンセントはありませんが、筆者の席K162だけコンセントがありました。

船内にはフリーWi-Fiはありますが、陸上からの電波なので、陸からの距離があると繋がり具合は悪くなります。

船内・船外

船外はヘリポートになっています。

テーブルやイスがあるので、海況と天気がいい日は、立ち飲みを楽しめますw

客室は船内の2F~4F。

筆者が宿泊した2等船室は2F~4Fにあります。

おそらく今回は乗船客が少なかった為、4Fのみで間に合っていると思われます。

2Fであれは、機関室などの機械類のすぐ上になるので、神経質な人は振動や音で寝れないかもしれません。

まとめ・感想

沖縄ー鹿児島を25時間かけて航行するフェリーは、非日常的を感じることのできる旅になります。

24時間フェリーに乗船する経験は今回で4回目ですが、毎回楽しい船旅として満足しています。

筆者は小笠原に行ったことがありますが、東京小笠原航路と沖縄鹿児島航路の違いは、途中の島に寄港するところです。

船酔いになりやすい人も、途中寄港するので、少しはマシなのかな?と思います。

なので予讃と時間があれば、たまには船旅を選択してもいいと思います。

おわり

追記:Wi-Fiは厳しいので、船旅に本や雑誌は必須ですよ。

筆者は船旅なのにJALのアゴラを持参しましたw

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる