ダグズバーガー 宮古島で人気のグルメバーガーを食べてみた。

 

 

宮古島にダグズバーガーがオープンしたのは2011年12月。

東京生まれ日本国籍のアメリカ人で、釣り好きのダグさんが宮古島に通いつづけて、アメリカンバーガーのお店はかなりの待ちがでる人気店です。

 

ダグズバーガーの肉は宮古島だからと言って宮古牛ではなく、宮古諸島の一つ多良間島の多良間牛を使用してます。

 

ダグズバーガーのメニューはざっくり言うと「多良間牛バーガー」と「宮古島産ツナ(マグロ)バーガー」の2種類です。

 

 

注文したのは「ダグズチーズバーガー」1030円也。

 

 

 

具材のラインナップは上からオニオン、チーズ、バーガー、レタス。

 

 

 

出てくる時は皿ですが、食べる時は備え付けの紙袋に包んで頂きます。

 

 

気になるお味の方はと言いますと、

バンズもバーガーもしっかりと焼き上げており、パリッとした硬めの触感です。

チーズは濃厚で、アメリカンな感じです。

タレやソースとかでなく、ケチャップとマヨネーズを使用。

肉やツナにこだわってるのに、自家製ソースでないところが不思議な感じでした。

 

全体的に肉々しさを強調せず、どちらかと言うとシンプルで食べやすいバーガーでした。

 

 

ダグズバーガーは宮古島の他に広島、博多、石垣島、名古屋そして台湾の台中に店舗展開しています。

 

気になるのがバンズです。

メインの具材である多良間牛と宮古島産のマグロは島から輸送されているでしょうが、バンズはどうなんでしょうか?

自前の工場生産でなければ、各店舗でバンズの仕入れ先が違うか?宮古島から輸送しているのか?どちらでしょうかね?

各店舗で仕入れ先が違ったら、微妙に食感が異なるかも(笑)

同じバーガーを店舗ごとでの食べ比べも面白いかもしれませんね。

 

 

おわり

 

ダグズ・バーガー宮古島本店

〒906-0013

沖縄県宮古島市平良下里1153−3−101

℡ 0980-79-0930

 

 

 




 

ふしぬやーうちーインスタグラムはこちら

お得な割引情報ご宿泊特典

こんな記事も読まれています



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »