かにの看板が目印のいなば鮮魚店【城崎温泉滞在記】

 

2019年11月のカニシーズンから城崎温泉旅館に滞在しています。

城崎温泉と言うか但馬地方では「弁当を忘れても傘だけはわすれるな。」と言うぐらい雨の多い地域らしいです。

確かに冬の間は雨が多かったのですが、春を迎えて、雨の日が少なくなってきたような気がします。

 

 

今日は4月1日。

旅館の夕食メニューの主役であっカニ料理は3月末で終了し、春夏メニューに切り替わります。

 

鮮魚店でもカニが減っている気がします。

これからは冷凍ものになるんでしょうかね。

 

観光地と言うこともあって、城崎温泉の食事処のお値段はやはり高めになるので、住んでいる者としてはそうそう行く所ではありませんが、カニシーズン終了前に観光客気分で城崎温泉定番のお店にお邪魔しました。

 

いなば鮮魚店

 

カニに看板が目印のいなば鮮魚店。

新鮮な魚介類の販売と食堂の両方があります。

 

 

 

メニューは外の写真で選び、券売機で食券を購入します。

 

 

 

数量限定のかに飯

ほぐしたカニが乗っているドンぶり物が多い中、カニの姿そのままってのが人気の秘訣なんでしょうね。

 

 

 

小ぶりなので満腹感を求めるには物足りませんが、自分でほぐしているので満足感はありますね。

 

 

どうしてもカニは比較的価格が高くなりますが、一般的な定食であれば安いのもあります。

 

 

 

おすすめ定食の煮つけ定食。

 

 

 

季節がらカレイの煮つけがでてきました。

おまけなのでしょうか?ブリもついていました。

 

 

 

いなば鮮魚店はボリューム感は少し欠けるも、比較的安めの料金設定ですので、他にも食べたいものがある場合にはちょうど良いかもしれませんね。

 

おわり

 

いなば鮮魚店

〒669-6101

兵庫県豊岡市城崎町湯島224

JR城崎温泉駅から徒歩約3分

 

 




ふしぬやーうちーインスタグラムはこちら

お得な割引情報ご宿泊特典

こんな記事も読まれています



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »