GoToトラベル全国停止継続でキャンペーンについて考える。

元ゲストハウスのオーナーとして、旅館でリゾバをしていた者として、GoToトラベル全国停止継続は基本的に賛成です。

いづれGoToキャンペーンは再開するでしょう。

ただ、再開するにあたって、現行ルールを変更してほしいと思っています。

なので、GoToキャンペーン(トラベル・イート)の運用について、考えてみました。

目次

キャンペーン適用人数の制限

1グループ4名までなど、人数制限が必要と考えます。

4名が妥当かどうかなんて、正直わかりません。

最近、野党の政治家やマスコミが「エビデンス(根拠)は?」とすぐに突っ込んでいますが、4人がOKで5人がNGとか、
そんなもんわかるわけないでしょう。

マジでくだらないと思っています。

ただ何かしら基準が必要だと思います。でなければ、カオス状態ですからね。

そして同時に、NG事項も適用しなければなりません。

外食で4人グループ×3組で別々に予約した場合、「テーブルを一緒にしてほしい」と言うリクエストが、必ず出ると思いますが、それはNGです。

もし1グループで楽しみたいのなら、GoToキャンペーンの割引料金でなく、通常料金で予約すればいいのです。

あくまでもGoToキャンペーンは、税金を使っての割引キャンペーンですよね。

なので、税金を使っての割引ではなく、通常の方法で旅行や外食に行けばいいのであって、行くなと言う意味ではないのです。

ただし例外として、同居している大家族の場合は、身分証提示で良いと考えます。

同居なので、マイカードなどの身分証明書の提示で確認できるでしょう。

人数による割引率の変動制

通常、人数が多い程割引率が高くなります。

しかしコロナ禍では密を避ける為、多人数はNGです。

従って、人数が少ないほど割引率を高くすれば良いと考えます。

1人の場合:割引率40%
2人の場合:割引率30%
3人の場合:割引率20%
4人の場合:割引率10%

施設側からすると、無駄が多くなるので嫌なんですが、緊急事態宣言で自粛休業や時短営業よりマシだと考えます。

ただ通常金額では制限がないので、多人数の場合は、通常料金で利用すればいいだけです。

また繰り返すようですが、別予約で一緒のテーブル等のリクエストは、もちろんNGです。

曜日による割引率の変動

全期間通して35%以上の割引があるから、問題なんですよね。

曜日によってメリハリがあったら、利用者も少しは分散はするでしょう。

月~木が30%
金20%、
土と祝日前0%
翌日が祝日でない日・祝日10%

土日祝が公休日の人には不利に見えますが、「有給消化しましょう。」と言う世の中なんで、有給を取りましょう。

「テレワークなんて無理」と言いながら、現実に可能な職種がある事が証明されました。

なら一斉休日をやめて、シフトで休みをずらすなどできないはずがありません。

テレワーク同様、シフトワークができる職種があるはずです。

通勤ラッシュをずらそうと言うのであれば、休日ラッシュもずらしたらと考えます。

まとめ

筆者は旅行も外食も好きで、基本的には賛成です。

GoToトラベルは実際に利用しました。

ただ現状のGoToキャンペーンのルールには、反対ですね。

筆者の場合、宿泊業側そして一人旅も手伝って、マナーやエチケットに注意を払うことができました。

しかし、大人数での旅行や外食になると、どうしてもマナーやエチケットがおろそかになる傾向も事実で、実際に目の当たりにしてきました。

2020年以前のスタイルでの旅行や外食は、今や厳しい状況です。

かと言って、経済を止めるのも限界がありますし、息苦しい生活を一生続けるのも嫌です。

なら、どうするか?

ゼロにはできないリスクを可能な限り小さくして、楽しむしかありません。

なので、税金を投入しての経済活性化なら、単なるバーゲンセールではなく、密にならないような利用方法にするなど、ルール改正をしてもらいたと、切に願うばかりです。

そして安全に密になれる世の中に戻ってほしいです。

2014年9月 糸満大綱曳き

おわり


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次