MENU

【広島・安芸高田市副市長公募】地方活性化に繋がると期待

広島市北部に隣接する安芸高田市。
若き石丸市長の案である副市長公募。

公募締切日は2021年1月31日

2月1日付けの中国新聞デジタル版では、
副市長公募人数は4115人だったそうです。

 応募は、東京や大阪など全国からのほか、海外在住の日本人からもあった。20~70歳代で、現在の職業も国家公務員や地方議員、企業経営者に加え、自衛隊員や医師、マスコミ関係者、大学教授ら幅広い層に及んだという。

引用:2021年1月30日 読売新聞オンラインより

まぁ、副市長の年収は約1210万円と高給ですからね。

ところで、私は安芸高田市とのご縁が一つあります。

小学校4年生か5年生の夏休みの時、
剣道の道場の合宿がありました。

その場所が安芸高田市吉田町(当時は高田郡)で、
ほとんど記憶がないのですが、
吉田町と言う町名だけははっきりと覚えてました。

まぁ、それだけですけどねwww

あと、1997年NHK大河ドラマ毛利元就でも、
元就の居城が吉田郡山城でしたから、
吉田町と言う名を思い出しましたね。

前年は秀吉、翌年は徳川慶喜と戦国と幕末の
人気のある時代が続いていました。

毛利元就と言うとちょっと地味かな?
って感じながらも見ていましたw


ところで、このような公募ニュースに最初興味を持ったのは、
ダイビングで伊豆に通ってた事から、
2007年、稲取温泉観光協会(静岡県東伊豆町)の事務局長に全国公募でした。

東京都の主婦の方が選ばれ、任期2年満了後、1年延長されたと聞きます。

おそらく、良い成果が出ていたのでしょう。

あと、大阪市の区長や校長の公募などありますが、
賛否両論で、結果も両論なんでしょうか?

公募の時は話題になりますが、
結果についてはよくわかりません。

さて、安芸高田市副市長はどうでしょうか?

任期は5年となっています。

石丸市長の肝いりの政策で、
熱い思いはネットニュースで伝わっています。

ただ市長の任期より長いので、
次も市長に立候補し当選すると言う前提でしょうか?

その辺りのことが、気にかかりますが、
安芸高田市が変化するのかしないのか?
どのように変化するのか?

地方活性化の良い例となる事を期待したいですね。

おわり

追記

私が公募に申し込んだかどうか気になりませんか(笑)?

ホウボウ

落ちたよ(泣)

2021年03月02日追記

安芸高田市の石丸伸二市長は1日、全国から公募した2人目の副市長に、一般社団法人RCF(東京都)職員の四登(しのぼり)夏希氏(34)を内定したと発表した。

引用:中國新聞デジタル 
ホウボウ

でも、どうなるんだろう?

2021年03月10日追記

安芸高田市議会は10日、本会議を開き、公募した2人目の副市長に一般社団法人RCF(東京)職員の四登(しのぼり)夏希氏(34)を充てる選任同意案を7対8の賛成少数で否決した。

引用:中國新聞デジタル
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる