進撃の蟻と戦い最終章(にしたい)【週刊やうちVol9】

 

 

不定期にゲストハウスの状況を報告する【週刊やうち】

宿のDIYを積極的に進めている9月。

いろんな作業を行っている日々が続いています。

 

その中で今一番苦慮しているのが、進撃の蟻のせん滅です。

 

沖縄ゲストハウスふしぬやーうちーを開業してから丸7年が過ぎようとしていますが、この7年間蟻との戦いに明け暮れていました(笑)

 

DIY月間強化月間の今、進撃の蟻との最終決戦を挑み、日々戦っています(笑)

 

そして、今までは蟻の巣ごと全滅させる餌を置いたり、殺虫剤で戦っていましたが、今回は蟻が出入りしていた隙間をシリコンで潰していきました。

 

 

2~3日後、シリコンを注入した場所付近から蟻が現れました。

隙間の潰し残しか別の場所から現れたかと思って、しばらく観察すると、どう見てもこの場所から蟻が出入りしていました。

 

 

よく見ると、白い粉のようなものがあります。

 

 

触ってみるとゴムっぽいんですね。

 

 

 

真横からみると、「まさか?」ですよ。

蟻がシリコンを食い荒らして。隙間を作っていました。

 

 

正直、シリコンを食い散らすのは想定外でしたね。

再度、注入したシリコンはかなり厚くして、「これでもか?」ってくらい塗りたくりましたね(笑)。

 

写真にはありませんが、下段のシリコン部を塞ぐように当て板を貼りつけ、周囲シリコンで埋めました。

その結果、3日たっても蟻を見かけないので、この場所の封鎖は成功したと思われます。

 

 

 

隙間を埋めても、別の隙間やシリコンを食い散らかして進撃してくる蟻たち。

 

蟻の巣ごと全滅させる餌も各所に配置しいています。

 

その蟻を全滅させる餌は2種類使用しています。

 

一つ目はホームセンターで購入できる「アリメツ」

市販品にはCMでお馴染みの「蟻の巣コロリン」が有名ですが、自分が知る限り「アリメツ」が市販品では最も強力だと思います。

 

価格は1個600円前後です。

 

 

 

 

 

アリメツは液体タイプです。

アリメツを購入すると、箱の中に液体を入れる器もありますが、2枚しかないので、ペットボトルのキャップを利用します。

キャップに隙間をつくり、蟻が入りやすくするようにしています。

 

 

 

もう一つ、蟻をせん滅する為のエサを使っています。

それは市販品でなく、業務用としてネット販売されている「アンツバスター」です。

 

価格は1ビン10800円とかなり高価です。

でも、蟻退治の為に6年愛用しています。

 

 

 

 

アンツバスターは粒タイプで、食いつきが悪い時は潰して粉末状にして、使用します。

 

 

 

蟻にも好みがあるようで、液体が好みの蟻と粒状が好みの蟻がどうもいるようです。

なのでいつも2種類同時に使用しています。

今までの経験上、両方とも食いつきがが悪い場合はほとんどないですね。

 

そして現在、自作性の毒餌を開発中で、ホウ酸を砂糖水やコーラ等に溶かしたものを作っています。

 

ホウ酸が多すぎると、巣に持ち帰らずその場で死んじゃいますし、少なすぎるとホウ酸の効能が効かないので、現在その配分の模索中です。

 

こんな感じで、進撃の蟻と戦っています(笑)

 

おわり




ふしぬやーうちーインスタグラムはこちら

お得な割引情報ご宿泊特典

こんな記事も読まれています



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »