日々上手に心身共にリラックスして城崎滞在中【週刊やうちVol14】

 

城崎温泉旅館で研修中の宿主です。

 

沖縄でスローライフを送っていた身としては、ハイペースな毎日の研修生活にギアをシフトチェンジするのに苦労しましたね(笑)

 

毎日の疲れを癒すのに、個人的に重要なのは風呂です。

現在、緑風閣と言う旅館にお世話になっていますが、時間的制約はあるものの、毎日温泉に浸かっています。

 

城崎温泉は外湯との共存共栄を図る為に、旅館の内風呂のサイズや湯量を条例で制限しています。

 

なので、温泉旅館と言うイメージで浴槽を見ると小さく感じます。

 

 

緑風閣の温泉は朝晩で男女入れ替えを行っています。

 

下の写真は朝は男性、夜は女性となります。

大きな違いは露天風呂で、もう一方の露天風呂は桶風呂になります。

 

沖縄ではシャワーの生活なので、浴槽に浸かるだけでも幸せに感じるので、それが温泉だと特に癒されて、疲れがとれてリフレッシュできますね。

 

 

もし車があれば、通いたくなる玄武洞。

城崎温泉から車で10分足らずの所にあります。

 

鈍感な自分でも、なんとなくパワーを感じる自然の創造物に心が引かれました。

 

 

 

玄武洞の神聖な雰囲気に沖縄の御嶽を感じた【城崎温泉滞在記】

 

他の観光地同様、城崎温泉も外国人観光客が多いです。

写真付きのメニューは外国人にとってはありがたいと思います。

 

 

しかし、これは・・・

日本人しか分からないでしょう(笑)

 

 

友人と行ったランチ。

但馬牛のシチュー。

めっちゃ美味しい。

めっちゃ高い。

確か税別3,500円(泣)

 

汁はありませんが、メニューはシチューとなっていました。

 

 

 

雨の多い城崎温泉。

晴れた日は、まだ紅葉が楽しめます。

 

 

 

大師山山頂で城崎温泉を望みながらのティータイムもいいですね。

スカッとしますね。

 

 

 

目が回るハードな日々ですが、リラックス・癒しを頂ける城崎温泉。

ちょっとリフレッシュしたいなら、城崎温泉は良いところですよ。

 

おわり

 




 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ