月桃とテッポウユリの開花に初夏を感じる

 

「夏をつかまえに行こう!!」って感じ初夏の沖縄で目に映るのが、白い花。

ハイビスカスのような赤い花でなく白い花。

 

沖縄で散策すると、きれいな花が数多く自生しているのを見かけます。

 

月桃

花言葉は「爽やかな愛」

初夏の少し涼しげな夏にぴったりな花言葉ではないでしょうか。

 

 

 

葉っぱ?に包まれた尖ったこの姿が開花前の姿です。

 

 

 

剥けて出てくるのがつぼみ

 

 

 

きれいなつぼみ

つぼみは甘酢漬けにして、食べたりします。

 

 

開花。

南国っぽい雰囲気の色合いの花が咲きます。

 

 

 

月桃はショウガ科の植物なので、殺菌・消毒効果があり、葉っぱはムーチー(沖縄のお餅)を包んだり、コスメに、また月桃は沖縄の言葉でサンニンと言い、サンニン茶もあります。

 

沖縄には外に生息するゴキブリがいて、ゴキブリ除けとして庭に植えたりもします。

 

 

テッポウユリ

 

花言葉は「純潔」「甘美」。

ユリっぽい花言葉ですね。

 

毎年4月下旬からゴールデンウイークにかけて開催されている伊江島のゆり祭り。

2020年の今年はコロナショックで中止。

そして来年のゆり祭りに向けて球根をいい状態で保つ為、4月21日からテッポウユリの摘み取りを始めました。

仕方がないけど、残念ですね。

 

テッポウユリは沖縄本島内の歩道脇の花壇などに植えてありますが、自生もたくさん見受けられます。

 

 

残波岬5月の風物詩。
クサトベラの群生の中で咲き乱れているテッポウユリ。

 

 

5月中旬までは、テッポウユリを見ることができますね。

 

 

花パイン

生け花や飾り付け用に使われる花パイン。

4年ぐらい前からゲストハウスで毎年実がなり、いつのまにか二つに増殖していました。

 

 

 

パインの実の尖ったところから、白と紫で彩った花が咲きます。

一斉に開花するのではないところが、特徴的です。

 

 

 

ゴールデンウイークあたりは、初夏の花が咲き乱れる沖縄本島。

今年はコロナショックがあったけど、いつものと変わらず花は咲いていきます。

 

来年はきれいな南国ならではの花景色を大勢の人にぜひ見てもらいたいですね。

 

feel fine Okinawa !!

 

おわり

 




ふしぬやーうちーインスタグラムはこちら

お得な割引情報ご宿泊特典

こんな記事も読まれています



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »