アフターコロナ時代に備え、暇なので旅行の計画中。

 

新型コロナのお陰で大型連休中。

なので、露天風呂いでリラックスしながら、いろんな事を考えています(笑)

暇なので(笑)

 

 

ここ一ヶ月の生活圏は約20m。

これを超えた日は3日しかありません。

なので、遠出いや旅に出たいと言う衝動に駆られていますが、ひたすら我慢して旅の計画を立てる妄想の日々が続いています(笑)

 

まずは海外。

言い出したらキリがありませんが、あえて一つに絞るならスペインに行きたいですね。

訪れたい場所はサグラダ・ファミリア。

1882年3月着工,完成まで300年以上かかる言われているサグラダ・ファミリア。

建設途中で世界文化遺産に登録されるサグラダ・ファミリア。

この経歴だけで、「何か、スケールがデカい!!」って感じます。

そして今は技術の発展により、その完成がかなり早くなって2026年とも言われていますね。

 

サグラダ・ファミリアに行きたい理由は設計者のントニオ・ガウディにあります。

 

自分はダイビングをしており、数多く潜っている海の一つが宮古島です。

宮古島の海の特長はダイナミックな地形です。

ダイビングポイントには名称がついており、宮古島のダイビングポイント名はとてもいい名前が多いです。

 

その一つが宮古島3大地形ポイントと言われるアントニオ・ガウディです。

 

アントニオ・ガウディの最大水深は約36mととても深いです。

 

 

 

 

 

 

自分はこのポイントが宮古島で一番のお気に入りです。

 

景色だけなら他のポイントの方が良いって感じなんですが、「この地形を見て、建築物とかでなく、人名であるアントニオ・ガウディと命名」したところに不思議と惹かれています。

 

地形を見て、人の名前を想像する。

これは自分に全くない感性で、とても気になります。

 

うまく言えないけれど、これが惹かれて行きたくなるってことなんでしょうかね(笑)

 

 

国内も行きたいところがあって、これはダイビングです。

一度行ったことのある小笠原ですね。

この時は父島だけでしたが、今度は母島にも行きたいですね。

 

24時間かけて船でしか行けない小笠原。

ここは行くと腹をくくらないと、旅好きでもなかなか行けない場所ですが、本当におすすめの島ですね。

 

JAL 日本航空

 

 

今はアフターコロナに備えて爪を研ぐ日々が続きますが、健康あっての旅ですから、新型コロナに気をつけて過ごしましょう。

 

おわり

 




 

ふしぬやーうちーインスタグラムはこちら

お得な割引情報ご宿泊特典

こんな記事も読まれています



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »