LCCが安いとは限らない。移動やリスクも含めて航空会社を選択。

 

 

 

旅をするのに使う交通機関。

安く旅をするのにかかせない夜行バスや高速バスそして電車では青春18キップなどありますが、飛行機も必要なシーンもありますよね。

 

沖縄へはもちろん飛行機になることが多いですよね。

 

沖縄行きのフェリーが大阪と鹿児島から出ていますが、時間はかかるし飛行機よりも高いので、「どうしても船旅がしたい。」、「船旅を楽しみたい。、」「自分の車やバイクで行きたい。」でない限り、個人的には旅人としてのメリットはあまり無いと思われます。

 

 

私が過去に国内旅行で搭乗したことのある飛行機会社は日本航空JALJTARAC含む)、全日空ANA、スカイマーク、スターフライヤー、ピーチ、ジェットスターの5社。

 

経費が出る出張とかビジネストラベルでなく、時間がある自由度の効く一人旅がメインになるけど、どの航空会社がお得感があるかを滋賀県長浜市に2カ月半と長期滞在したので、沖縄から滋賀県長浜市への移動を事例を紹介します。

 

まずは5社をグループ分けします。

キャリア:JAL ANA

LCC:ピーチ、ジェットスター

中間:スカイマーク

 

余談ですが、飛行機に乗らない人に説明する時に「携帯電話で言うとキャリアはドコモ、au、ソフトバンクで、LCCは格安シム。」と例えて説明しています。

 

 

陸上移動

 

沖縄本島内は変わらないので、大阪からの移動で価格に差異がでます。

私の場合は空港からの移動はリムジンバスと電車を使用します。

もちろん他のパターンもありますが、私は空港からの移動はリムジンバスを好みます。

理由1:完全予約制なので確実に座れる。

理由2:荷物を預けることができるので、大荷物でも気にせずにいられる。

 

 

料金・乗車時間はヤフーの路線情報からで、条件は支払いは現金、新幹線、有料特急は使わないです。

 

 

関空を使用した場合

関空ー大阪梅田 リムジンバス
大阪ー長浜  JR新快速

料金:3,490円

乗車時間:2時間50分

 

 

伊丹空港を使用した場合

伊丹ー新大阪 リムジンバス

新大阪ー長浜 JR新快速

料金:2,440円

乗車時間:1時間55分

 

神戸空港を使用した場合

空港ー三宮 ポートライナー

三宮ー長浜 JR新快速

料金:2,920円

乗車時間:2時間35分

 

 

 

JR長浜駅へは伊丹からの方が関空より1時間早く料金も1,050円安くなります。

神戸空港のその中間ですね。

 

関空・伊丹から京都までリムジンバスと言う手段もありますが、大阪京都間での高速の渋滞を避ける為に、大阪下車を選んでいます。

 

航空会社

 

最も料金の高いキャリアでは伊丹空港を発着を使います。

LCCは関空発着便スカーマークは神戸空港発着便になります。

 

結論から言いますと、今回はJALを使用しました。

 

 

キャリア・JAL

先得75日前(ウルトラ先得)、55日前(スーパー先得)、45日前(タイプB)、28日前(タイプA)の4種類あります。

座席指定と受託手荷物は料金内です。

時間帯、土日祝や連休で価格変動します。

 

今回の購入金額

往路タイプA 9,460

復路タイプB 9,060

 

 

LCCピーチ

インターネット予約、電話予約がありますが、価格差があります。

もちろんインターネット予約の方が安いです

時間帯、土日祝や連休で価格変動します。

 

運賃:4,890円~

 

GWなどはLCCと言えども24,590円です。

2カ月ごとぐらいにあるバーゲンセールで2,980や3,980の運賃運賃があるけど、購入したい時にバーゲンがあると言う訳ではないので、これはラッキーパンチ的な事として検討から除外します。

 

 

空港使用料

空港やターミナルによって金額が異なります。

那覇空港 発着時共210円

関空 出発時第2ターミナル410円

到着時第2ターミナル360円

合計 570〜620円 別途必要。

JALやスカイマークはこの料金は運賃に含まれています。

 

支払い手数料 クレジットカード:540円

 

受託手荷物料金:1,600円

機内持ち込みは「身の回りのもの+サイズ内の手荷物 合計2個の7kg以内」となっています。

今回は長期滞在する為に荷物が多く機内持ち込みだけでは無理な為、受託手荷物料金は検討内になります。

 

従って、ピーチの合計金額は次の通りになります。

4,890+620+540+1,600=7,650円

 

 

座席指定は別途有料オプションになります。

料金はクラスによって異なりますが、400〜1,300円。

JALとスカイマークは運賃に含まれます。

座席指定した場合、JALと変わりません。笑

 

 

スカイマーク

いま得で最安値が5,750円。

時間帯、土日祝や連休で価格変動します。

基本的にキャリアと条件は同じで、座席指定、受託手荷物の料金は含まれています。

 

 

総合

 

JALの場合

飛行機代9,460円+電車代2,440円=11,900

 

ピーチの場合

飛行機代円7,650円+電車代3,490円=1,1140円

 

スカイマーク

飛行機代円5,720円+電車代2,920円=8,640

 

料金安い順

スカイマーク<JAL<ピーチ

 

スカイマークがダントツでLCCのピーチがキャリアのJALより高くなりました。

 

 

 

それでもJALを選んだ理由。

 

 

 

どれも格安運賃の為、取り消し手数料や予約変更不可など条件はほぼ同じ。

なのでリスクから排除することにしました。

 

 

航空会社側の責任においてフライトが中止になった場合、JALとスカイマークは空席があれば別便への変更をしてくれます。

スカイマークは分かりませんが、過去の経験でJALの場合、同日のJAL便が無い場合は同じキャリアのANA便への振替えや宿泊の場合は宿泊費の補助などがありました。

ピーチは宿泊費は自腹でした。

LCCはキャリアやスカイマークとは違うLCCターミナルを使用となる事が多く、30分ぐらい余分に時間必要となります。

そしてLCCは座席の狭い。

小柄な私が狭いと感じるので、大柄な人は大変そうです。

 

ハード(座席)やソフト(ターミナル)が劣るのに合計金額で高くなるピーチはまず落選。

 

また購入時、スカイマークは最安値での購入ができず、あと2,000円ぐらい高くなったので、価格差が1,000ちょっととなりました。

そのことから、JALのマイルを貯めているので、私はJALを選択しました。

 

LCCは安いってイメージがあるけど陸上の移動時間や料金、受託手荷物の有無と「いつ航空券を購入できるか?」で変わってくるので、航空券を購入する時は十分に検討が必要でしょうね。

 

 

 

ちなみに広島に帰省する時は、バーゲンセールでのピーチかスカイマークの那覇ー福岡便を多用します。

帰省なので荷物が少なく、有料サービスの受託手荷物は使用しません。

なので、ピーチでも問題ありません。

 

実は最近のバーゲンで合計2,650円で購入しています。

 

内訳

運賃 1,990円

空港使用料 120円

支払手数料 540円

 

受託手荷物がある時はスカイマークで約6,000円で購入します。

 

JALの先得では約9,700円からです。

 

福岡ー広島間の高速バスは早割り2,500~3,500円なので、高速バス代が賄えるピーチやスカイマークが選択のターゲットになりますね。

 

そして那覇ー広島間はANAが就航しており、スーパーバリューで10,520円。

広島空港からのリムジンバスが1,340円。

合計11,860円

 

今回はピーチのスーパーセール2,650円だったので、高速バスを早割りで購入し合計5~6,000円なので、文句なしに福岡経由にしました。

 

おわり




お得な割引情報ご宿泊特典

こんな記事も読まれています



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »