東京五輪新競技のアーバンスポーツの祭典FISE Hiroshima 2019

 

 

 

都市型スポーツの祭典「FISE Hiroshima 2019」が2019年4月19日~21日が行われました。

広島市での開催は2018年引き続き2回目の開催で、来年2020年も開催されるそうです。

入場は無料です。

 

FISE(フィセ)とは「エクストリーム・スポーツ国際フェスティバル」を意味するフランス語のFestival International du Sport Extremeを略した名称です。

BMX、スケートボード、ボルダリング、3×3バスケットボール、パルクール、ブレイクダンス、マウンテン・バイク、水上スノーボード、インライン・スケートなどのアーバンスポーツが一同に揃うのフェスティバルです。

 

今回広島市で開催されたのは7競技でした。

BMXフリースタイル パーク ー UCI BMX Freestyle Park World Cup

BMXフリースタイル フラットランド ー UCI BMX Freestyle Flatland World Cup

スケートボード ストリート ー FISE World Series Skateboard Street

パルクール ー FIG Parkour World Cup

ボルダリング ー IFSC Bouldering International Series

アグレッシブインライン ー World Skate Roller Freestyle World Cup

ブレイクダンス ー WDSF World Open Series – Breaking

 

 

有料のスタンド席が少しありますが、基本は立ち見。

ただ下から見上げる感じになるので、後ろだとあまり見れないので、陣取りが大変でした。

 

 

 

 

 

 

アグレッシブインライン ー World Skate Roller Freestyle World Cup

ワールドカップなので、世界のトップクラスの選手のプレーを間近で見ることができるのが、良いですね。

 

 

 

 

パルクール スピードランで優勝した泉ひかり選手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京オリンピックでBMXフリースタイル、スケートボード、ボルダリング(スポーツクライミング)の開催が決定。

その次のパリ五輪ではブレイクダンスが候補に入っています。

 

まだまだマイナーな都市型スポーツですが、世界のトップクラスに多くの日本人選手がいるそうなので、東京オリンピックなどでこれから、爆発的な人気が生まれるかもしれませんね。

 

おわり




お得な割引情報ご宿泊特典

こんな記事も読まれています



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »