ロープウェイからの外湯で快晴を楽しむ【城崎温泉滞在記】

 

城崎温泉旅館で研修中の宿主です。

 

冬の城崎温泉の天候は雨が多く、11月下旬から丸1日中快晴と言う日がありません。

ほとんど雨時々曇りで、一瞬晴れ間がでるってのはありますが・・・

 

そんな中、1日中快晴と言う日。

城崎温泉を一望できる大師山へ行ってきました。

 

大師山山頂へは徒歩でも行けますが、まぁ大変ななので、ロープウェイを使う事をお勧めします。

 

 

 

城崎温泉ロープウェイのは温泉寺へ向かう参道の左手にあり、右手には茶屋、足湯と城崎温泉の元湯があります。

 

 

 

2020年04月07日追記 

2020年04月06日の写真

満開の桜がバックにあると、雰囲気も変わりますね

 

 

 

 

 

 

城崎温泉ロープウエイは駅は3つあります。

麓の山麓駅、中腹の温泉寺駅、そして山頂駅となります。

 

 

 

2020年04月07日追記 

2020年04月06日の写真

出入り口に桜。

いいですね。

 

 

 

城崎温泉ロープウェイの駅舎は全て、国の登録有形文化財(建造物)になっています。

1962(昭和37)年、大師山(231メートル)に設置された全長676メートルの城崎温泉ロープウエーの駅舎の特徴は、鉄筋コンクリート造りでかまぼこ形の緩やかな曲線の屋根だそうです。

城崎温泉ロープウエイは城崎出身であった関西電力の初代社長が太田垣士郎氏が資金面などで後押しし、関西電力の「黒部ダム」(富山県)のコンクリート技術が使われたとのことです。

 

 

 

料金体系は幾つかあります。

 

山麓駅ー山頂駅

往復 910円

片道 570円

中腹の温泉寺駅で途中下車後、再乗車ができます。

 

 

山麓駅ー温泉寺駅

往復 470円

片道 270円

 

山麓駅ー山頂駅ー復路を温泉寺駅まで

760円

 

山麓駅から山頂駅までは約7分かかります。

 

 

 

山頂には慈母観音像や温泉寺奥の院があります。

 

 

 

温泉寺奥の院

奥の院は無人なので、貼り付けるタイプにお御朱印が300円で置いてありました。

 

 

 

山頂駅に隣接するみはらしカフェ。

温泉寺奥の院の前ではかわら投げができ、かわらはこちらのカフェで3枚250円で購入します。

 

 

 

かわら投げは温泉寺奥の院を参拝した後に行います。

 

 

もちろん、自分もかわら投げに挑戦しました。

2投目は的の穴の少し下にあたりましたが、残りは残念ながら的にもあたりませんでした(笑)

 

 

 

今回、復路は温泉寺本堂がある温泉寺駅下車して、麓までは徒歩で下山しました。

しかし、これはあまりお勧めできません。

上りなら良いけど、雨で湿った石段の下りは、苔や落ち葉で滑って危険だからです。

 

 

 

ただ、ゆっくり紅葉をみるにはやっぱり徒歩なんですよね。

 

少し強い風が吹いた時、桜吹雪ならむ紅葉吹雪があって、落ち着いた雰囲気ちお言うか、風流と言うか、何とも言えない自然の良さを感じましたね。

 

 

 

麓に着いたら、汗を流しの外湯へ。

城崎温泉ロープウェイすぐそばには、日本庭園風の露天風呂がある鴻の湯があります。

 

全ての外湯はリンスインシャンプー、ボディソープは備付けです。

 

城崎外湯巡りはタオルだけ持って散策。【城崎温泉滞在記】

 

風呂上がりには、何か冷たいものが欲しくなりますね(笑)

歩ていると地ビールや湯上りソフトが目に付きますが、今回セレクトしたのは【湯上りプリン】

 

 

 

豆乳を使用しているプリンで、とても美味しく頂きました。

 

しかし1点ほど難点がありました。

ビンが牛乳ビンタイプだったので、食べづらかったですね。

不器用な自分には、口が広いタイプの容器が良いですね。

 

 

 

このブログは2019年12月12日に書いています。

天気は雨。

城崎温泉ロープウェイの営業は中止。

 

雨の多い城崎温泉ですが、晴天であれば大師山からの絶景も楽しんで貰いたいですね。

 

おわり

 

城崎温泉ロープウェイ

〒669-6101

兵庫県豊岡市城崎町湯島806-1

JR城崎温泉駅から徒歩約15分。

有料駐車場有り

 

 




 

ふしぬやーうちーインスタグラムはこちら

お得な割引情報ご宿泊特典

こんな記事も読まれています



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »