世界遺産石見銀山で御朱印がある唯一の寺は500体の羅漢座像が安置。

 

 

 

広島に長期滞在中の宿主です。

 

世界遺産石見銀山は14の史跡・資産で成り立ってます。

その内の一つが羅漢寺五百羅漢です。

 

羅漢寺五百羅漢は岩盤に3つの石窟を穿ち、石造の三尊仏と羅漢座像500体を安置しており、18世紀中頃の制作で、石見銀山の石造物文化を代表する信仰遺跡だそうです。

 

道路の右側が羅漢寺。左側が羅漢像が安置されている石窟です。

 

羅漢寺。

 

 

 

 

お金を洗って金運が高まる銭洗い弁天。

 

 

 

 

今はお守りとして財布に入れています。

 

 

世界遺産の五百羅漢へ。

 

 

反り橋は建築当時のままらしいです。

 

 

この扉の奥に羅漢座像が安置されてます。

 

 

五百羅漢とは、お釈迦様に従っていた500人の弟子のことで、世間一般の感情や欲望等は全て超越しているが、仏・菩薩の境地には未だ到達せず私たち人間と仏との間の存在とのことらしいです。

 

それで、いろんな表情をしてるんでしょうかね。

 

 

 

 

御朱印

昔石見銀山で働いて亡くなった人々を霊や祖先の霊を供養するためにと、25年かけて1766年に建立された歴史ある羅漢寺・五百羅漢。

いろんな表情があってとてもユニークな五百羅漢です。

 

ではでは。

 

 

END

 

〒694ー0305

島根県太田市大森町

0854(89)0005

9:00~17:00

お得な割引情報ご宿泊特典

こんな記事も読まれています



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »