但馬の酒蔵【香住鶴福智屋】と見事な襖絵と城のような石垣【大乗寺】

香住ガニ(紅ズワイガニ)で知られている兵庫県北部の香住町には、カニ目的で宿泊の際のカニ以外でも楽しめるスポットがあります。

一つは但馬で一番人気と言っても過言ではない日本酒【香住鶴】の酒蔵。

もう一つは 【高野山真言宗亀居山大乗寺】です。

2か所とも車で10分程度しか離れていないので、両方見学するにはとても便利でしょう。

目次

香住鶴株式会社

お酒を飲まない方や日本酒はちょっとと言う方には全く興味がわかない場所でしょうが、香住と言えば「香住鶴でしょう」と言っても過言ではないくらいの但馬地方の随一の酒蔵です。

1725年(享保10年)操業の香住鶴株式会社は、ウエブサイトによるとこのように記載されています。

地元の食材である松葉ガニや魚介類、但馬牛等に合う旨い酒造りを目指して、全量を但馬流「生酛(きもと)造り」、「山廃仕込」で日本酒を醸造しています。

引用:香住鶴株式会社ウエブサイトより

日本各地の酒蔵は個性豊かで強い信念をもって酒造りを行っていますが、香住鶴は全量 「生酛(きもと)造り」、「山廃仕込」で酒造りを行っているところに、信念の強さを感じます。

香住鶴の直売店名は【福智屋】

酒蔵と隣接しています。

通販で何でも購入できる現在、全国各地の日本酒を通販で購入し、楽しむことができます。

しかし直売店には、通販にはない良さがあります。

それは【直売店限定】です。

これだけは通販では購入できません。

「直売店限定」や「数量限定品」で最初に完売するのは通常は一升瓶で、数量限定の【酒談義】や【生酛純米大吟醸】の一升瓶はやはり完売していました。

「数量限定」・「超売店限定」かは分かりませんが、新種販売の案内があります。

ホウボウ

ウエブサイトでは案内が見つからなかったので、直売店でないと分からない情報かも?

香住鶴の一般的な銘柄【但馬の自信】。

他に【快鮮冷酒】と【但馬の誇り】などがあります。

あわせて読みたい
香住鶴は寒い夜の温泉後の一杯に最高【城崎温泉滞在記】 実は今住んでいる沖縄にも日本種の酒蔵が一つあります。 https://fushinuya-uchi.com/okinawa/okinawa-gourmet/%e6%b2%96%e7%b8%84%e3%81%a7%e6%97%a5%e6%9c%ac%e9%85%9...

以前あった無料の試飲は現在は実施おらず、試飲は有料のみとなっており、また試飲できる日本酒も決まっています。

ただ公共機関では行くには難しい場所なので、試飲する人は少ないでしょうね。

いろんな種類を試すには、四合瓶や一升瓶を複数購入すると高額になるので、ミニボトルで飲み比べセットの購入も良いでしょう。

一升瓶価格が3千円以上する香住鶴を冠とした高級酒ももちろんあります。

しかし香住鶴株式会社の高級酒は直売店・福智屋の冠とした【福智屋】で、一升瓶は1万円以上の高級酒ばかりです。

ホウボウ

流石にこのあたりは手がでないので、今回はこれを購入しよう

山廃純米原酒 兵庫北錦 720ml 税込2090円

謳い文句の「すっきりした辛口、きりっと締まった喉ごし」通り、辛口でもグイっと飲める純米酒でした。

筆者は香住鶴は辛口のイメージが強いので、お店の人に「軟水か硬水か」を尋ねると軟水との回答。

地元の人と飲んだ時に「軟水で辛口って珍しいね。」と話しをしたら、「香住鶴の酒蔵はもともと別の場所に有り、そこは硬水だった。現在の場所に移転し、そこは軟水。だから辛口を出すのに苦労されたらしいよ。」と教えてもらいました。

香住鶴では酒蔵見学ができますが、往訪した2021年10月現在は中止していました。

ただ酒蔵の一歩手前までは行けます。

酒蔵見学の再開目途は立っていませんが、直売店は市場にでていない商品があるので、自分用やお土産用としての購入目的で訪れるのに良いと思いますよ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる