散策に嬉しい豊富な食べ歩きメニュー。【城崎温泉滞在記】

 

城崎温泉旅館で研修中の宿主です。

 

外湯巡りがウリの城崎温泉。

ただ温泉に入るだけでなく、散策も楽しみたいものですね。

 

城崎温泉の散策を楽しむ必須アイテムは食べ歩きでしょう。

 

城崎温泉は食べ歩きメニューが豊富で、湯あがり時だけでなく、そうでない時でもお勧めのメニューがあります。

 

円山菓寮

以前のブログで「湯あがりプリン」が美味しいとアップしたことがある【円山菓寮】。

 

あわせて読みたい
ロープウェイからの外湯で快晴を楽しむ【城崎温泉滞在記】   城崎温泉旅館で研修中の宿主です。   冬の城崎温泉の天候は雨が多く、11月下旬から丸1日中快晴と言う日がありません。 ほとんど雨時々曇りで、一瞬晴れ間が...

 

 

城崎温泉に2店舗あり、こちらはJR城崎温泉駅から徒歩約2分で行ける店舗です。

 

 

 

屋外の設置してある看板での推しメニューは【湯あがりチーズタルト】

 

 

 

「ふんわりととろける食感」と謳ってましたが、食感を感じる前にふんわりを感じました。

 

 

 

謳い文句の「とろけるチーズ」。

ホントにとろけています。

そして美味い。

今まで自分が食べたチーズタルトで一・二位を争う美味しさでした。

 

プリンも美味しかったですが、もしどちらかを推すのであれば、自分は完全に【チーズタルト】ですね。

 

 

 

寺小屋本舗

 

手づくりおかきや煎餅を作っている【寺子屋本舗】

 

 

 

いろんな種類のソフトクリームも売っています。

 

 

 

しかし今回のターゲットはやはり「おかき」。

 

 

 

ただのおかきではなく【ぬれおかき】。

「ぬれおかき」は生地に自然薯を練り込んだしっとりもちもちの食感に仕上げたおかきです。

 

 

 

一番人気の「甘口醤油」

初めて味わった食感のおかき。

美味しい味付けですが、その食感に味の記憶が吹っ飛びました(笑)

 

 

 

続いて「七味唐辛子」

この見た目から、おかきと言うことを忘れて、勝手に焼き鳥と思って口に入れている自分がいました。

なので、噛んでいる最中に「おかき」を思い出す感じでした(笑)。

 

 

 

但馬牛メンチカツ

 

袋ごしでもわかるコロモのサクサク感がありました。

 

 

 

味付けは以前食べた但馬牛コロッケよりあっさりした味付けで、食べたあろも口の中がさっぱりしていました。

肉々しさあまりなく、個人的には食べ歩きがやりやすい一品だと思いました。

 

 

 

城崎温泉はどうしても観光地価格で、飲食が高めになっている事は否めません。

その中で200円~400円ぐらいの食べ物を屋台感覚で食べ歩きを上手にするのも、城崎温泉・外湯巡りを楽しくさせてくれるのでは?ないかと思います。

 

屋台感覚でいろんなものを摘まんで、城崎温泉での散策を楽しんでみてはと思います。

 

 

おわり

 




 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる