ゲストハウスとは?寝室編。

「ゲストハウスってどんな風に寝るの?」、「ドミトリーって何?」って質問が多いので、寝室について呟いてみます。

ここで言うゲストハウスとは旅人が1泊から宿泊できるアメニティサービスを省いた素泊まりで相部屋中心の安宿ってのがあくまでも前提条件となります。

ドミトリーとは相部屋の事です。

なので、初対面の人と同じ部屋で寝る事になりますが、いくつかパターンがあります。

ドミトリーは1部屋に2段ベッドが複数あって、4人部屋~10人部屋ぐらいになりますね。

ただ、大型店だとカプセルホテルのようになっていて、30人規模とかもあります。

ゲストハウスは大きく分けるとこの3パターンになるでしょうね。

  1. ドミトリーのみのゲストハウス
  2. ドミトリーと個室の両方があるゲストハウス
  3. 個室のみのゲストハウス

どのパターンも寝床もしくは部屋以外は全て共用となります。
これについては次回以降にしますね。

パターン2と3の個室については、プライベートが確保されてるので気にしないでいいですよね。

ただ料金はドミトリーよりも高く、最大3人部屋ってのが主流でしょうか?

もちろん1人で使用しても構いませんが、価格だけで判断すると、「超格安ビジネスホテルの方が良いのでは?」って思う人もいるでしょう。

まっそこは、ゲストハウスに対する価値観をどう捉えるかになるとこでしょうね。

さてゲストハウスに泊まったことのない方たちが気になるのは「パターン1と2のドミトリーつまり相部屋ってどんなの?」ってとこですよね 😛 。

ここでは女性専用ゲストハウスは除きます。

まずはドミトリーの部屋数については2つのパターンに分けますね。

  1. ドミトリーが1部屋しかないゲストハウス
  2. ドミトリーが2部屋のゲストハウス(3部屋以上は割愛)

パターン1の場合1部屋しかないので、必然的に男女混合ドミトリーとなります。

パターン2の場合

  1. 部屋が男女混合ドミトリーと1部屋が女性専用ドミトリー
  2. 男女別ドミトリー2部屋
  3. 2部屋とも男女混合ドミトリー

ゲストハウスに泊まった事が無い方は「えっ?男女混合?」って思いますよね。

ベッドにはカーテンが付いているので丸見えではありませんが、どうしても嫌な方は女子ドミトリーを探しましょう。

ただ、東京など都会のゲストハウスでは男女混合が多いですね。

おそらくですが・・・外国人の方が多く、海外では男女混合が普通なのかもしれませんね。

着替えはベッドの上でカーテンを閉めて行うか、シャワー室やトイレで行うことになります。

男女別ドミトリーの場合、2段ベッドでなく、川の字に布団を敷いて寝るパターンもあります。

あと寝袋持参だと割引があるってのもありますね。

では、どんなところに寝るのかってのを整理しますと・・・あっ、個室は除きますね。

  1. 1部屋に複数の2段ベッドが置いてあるドミトリーと呼ばれる相部屋で寝る。
  2. 中にはカプセルホテルタイプや川の字に布団を敷いて寝るところもある。
  3. ドミトリーには男女混合と男女別がある。
  4. プライベートはベッドの上だけである。

ゲストハウスに泊まった事のない方、どんなところで寝るのか、イメージが湧いたでしょうか?
相部屋もいろんな人との出会いがあって、楽しいですよ 😛 。

おわり

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる