和歌山【丸高】【井出商店】豚骨醤油ベースの中華そば食べ歩き

和歌山では「和歌山ラーメン」とではなく「中華そば」と呼ぶのが一般的で、「豚骨醤油ベース」と「醤油ベース」の二つが主流です。

ホウボウ

ちなみに井出商店は名前しか知らないし、丸高はたまたま前を通っただけで、予備知識無しなんだよねw

【本家 アロチ 丸高中華そば】と【井出商店】食べ歩きしたら、偶然にも両店とも豚骨醤油ベースの出汁でした。

お店に行ったのは、2021年7月14日

目次

アロチ 丸高中華そば

調べてみると、「 アロチ 丸高中華そば」は和歌山中華そばの元祖の味と言われているらしく、出汁の作り方を広く教え伝えた為、和歌山に多くの「丸」がつくお店が多いとのこと。

気になったのは「おでん」の文字。

香川県ではうどん店に必ずと言っていいほど「おでん」がありますが、まさか和歌山の中華そば店も同じなのか?気になりましたね。

ホウボウ

これはいくしかないな!!

ホウボウ

おでん1本100円。
串にさしてあるパターンなら、香川県のうどん店ろ同じパターンや。

ホウボウ

おっとー
ヨミが外れて、串なしかw

見た目はダイコンですが、実は「たけのこ」。

ホウボウ

すじっぽいが、意外とイケる

ビールがほしくなる出汁がしっかりしみ込んだちくわ。

中華そば 650円(税込)

第一印象はチャーシューが多い。

これはうれしいですね。

そしてスープは濃そう。

ホウボウ

あら、意外とサラッとしてるぞ。

れんげのスープを見ると、ドロっろしていると思ったらサラッとしており、豚骨風味を残しつつ、あっさりした醤油風味もあるスープ。

麺は中細で柔らかいので、時間をかけて食べると最後は伸びた感じになるかもしれないどで、ささっと食べた方が美味しさを満喫できると思います。

チャーシューは薄切りではあるが、そのかわりスープの旨味がしみ込み、よりしっかりした味付けなった美味しさを味わえます。

テーブル席のみのこじんまりした店内は、昔ながらの中華そば屋さんと言う感じ。

ホウボウ

なんとなく落ち着き感があって、好きだなぁこの雰囲気

アロチ 丸高中華そば

中華そば専門店 井出商店

1998年のTV番組「日本一うまいラーメン決定戦」で優勝した「中華そば専門店 井出商店」。

ご当地ラーメンブームの中で、この優勝をきっかけに和歌山ラーメンも全国区になりましたね。

メニューは中華そば1本。

ラーメン屋さんと違って、中華そば屋さんて「中華そば」以外の麺メニューは少なく、無い方が多い気がします。

中華そば 750円(税込)

出された瞬間、強烈な豚骨のにおいが襲ってくる中華そば。

お店の外でも分かる豚骨のにおいでしたが、それは調理のにおいと思っていましたが、スープも外で感じたにおいそのままでした。

豚骨臭が強いのでドロドロ系かと思いきや、見た目は意外とサラサラ系。

ただ豚骨臭が強く、かおりだけなら豚骨スープと言ってもいいぐらいでしたね。

この強い独特な豚骨臭は、好き嫌いがはっきり分かれるでしょうね。

肉感と弾力感のあるチャーシュー。

中細のストレート麺

井出商店

という感じで中華そば2店舗を食べ歩きしました。

今回は初めて和歌山の中華そばを食べたのですが、調べてみるとざっくりですが、次のような歴史があるようです。

1940年に中華そばを始めた「マルタカラーメン」の屋台が繁昌し出汁の作り方を広く教え伝え、 戦後その味をあそわった人たちが繁華街であった市電車庫前に軒を連ねたことから「車庫前系」と呼ばれ人々に親しまれるようになりました。


1953年「井出商店」は、屋台を始めた当初は「車庫前系」と同様のスープでしたが、ある日スープを火にかけ過ぎ、濁らせてしまい ここから九州ラーメンとは別の「とんこつラーメン」を、試行錯誤の末に生み出しました。

そのスープが人気となり、井出商店で修行をした多くの人たちが店を開き、「井出系」が派生しました。

「車庫前系」と「井出商店」から派生した「井出系」の二つの系統が和歌山の中華そばのルーツのようで、ホウボウの好みは「車庫前系」ですね。

おわり

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる