MENU

香住鶴は寒い夜の温泉後の一杯に最高【城崎温泉滞在記】

 

城崎温泉旅館で研修中の宿主です。

沖縄にも日本種の酒蔵が一つあります。

 

沖縄で日本酒?情熱は美味なり清酒黎明

 

しかし日本酒はやっぱり内地ですね。

兵庫県の酒蔵と言えば、日本三大酒処の一つ神戸市の灘が有名ですね。

(他の二カ所は京都伏見、広島県西条)

 

この城崎温泉のある但馬地方の日本酒・清酒の代表格と一つと言えば、香住鶴ではないでしょうか?

 

 

写真左が【快鮮冷酒】、右が【但馬の誇り】

結論から言いますと、どちらも飲みやすく、日本酒の苦手な人でも美味しく頂けると思います。

 

 

 

快鮮冷酒

 

アルコール度数14度と軽めの日本酒。

ストロング系の強いチューハイだと11度なので、日本酒としてはアルコール度数が軽いと言うことが分かります。

 

 

 

甘めの香りがしました。

 

 

 

軽めで、すっきりさわやか、のどこしがとても良いので、ついついグイっといっちゃう感じでした。

 

 

 

但馬の誇り

 

アルコール度数15度とこちらも軽めの日本酒。

 

 

 

香りは冷酒快鮮と比較すると強いですが、いかにも日本酒って感じの強い香りでなく、甘くてやわらかい香りでした。

 

 

 

飲み方は冷、常温、熱燗のどれでもOK。

今回は常温で飲みました。

味はさっぱり、まろやか。

冷酒快鮮同様、飲みやすいので、調子に乗ってしまいそうでした(笑)

 

 

 

日本酒を好んで飲まない酒好きの友人も「香住鶴は飲みやすい。」と言っていましたから、全般的に飲みやすい日本酒だと思います。

 

温泉に浸かり疲れを癒した後、「グビーッ」っとビールをも良いですが、寒い夜は日本酒でしっぽりと一杯もいいですね。

 

おわり

 




 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる