豊岡【丹熊】たまごかけご飯専門店を理解するには修行が必要かも(笑)

筆者がたまごかけご飯が好きです。

たまごかけご飯専門店に行くのは今回が2回目で、1回目は2013年1月羽田空港地下にある「うちのたまご」に行きました。

当時の価格は「ご飯2杯・卵2杯500円 みそ汁別途100円」、現在は550円、580円、590円とネット情報ではでてきました。

とりあえず値上がりしていることは間違いないでしょう。

2013年当時のSNSでのつぶやきです。

気になっていた羽田の「たまごかけごはん」のお店。
味噌汁をつけて600円。
確かに美味しかったが・・・高いと言う印象を拭いきれず。
この価値が分かるには、たまごの素晴らしさを探求しないといけませんね。
ちなみJR九州のたまごファームで生産されているので、現金以外での清算は全国のJR系の電子マネーのみです。パスモは使えませんでした。

つぶやいた後、筆者の回りの声(SNSでの返信含む)はやはり「高い」でした。

たまごかけご飯の価格帯に納得してない為、「たまごかけご飯専門店」には見向きもしていませんでしたが、8年ぶりに挑戦してみました。

お店は豊岡市にある「丹熊」

結論から先に言います。

ホウボウ

やっぱ高く感じるわ!!

っという感じでネガティブ傾向で始まりましたが、たまごかけご飯専門店「丹熊」を紹介しますw

目次

卵かけごはん定食 ごはん大盛 560円(税込)

丹熊のメニューは「卵かけごはん定食」とサイドメニューが少々といたってシンプルな構成。

食事は注文及び精算後、お盆に載った料理をセルフで席まで運び、食後に返却口に返す、フードコートスタイル。

卵かけごはん定食 ごはん大盛 560円(税込)

お盆を見た瞬間の率直な感想

ホウボウ

すくな!!これで大盛

ホウボウ

「卵はいくつでもどうぞ」と言われてもさー、どんぶり一杯に何個もかけられへんけどなぁ

とりあえずテーブルに置いてある卵を一つ取り、割ってみました。

ふっくらとした弾力のありそうな黄身とめっちゃ透明な白身部分。

ホウボウ

素人でも良い卵ってわかるなぁ

ただごはんどんぶり一杯だけなんですよね。

ホウボウ

おかわりは180円だし、どうするかなぁ

考えたすえ、生卵をかけたあとは極力混ぜず、白飯部分をできるだけ残しつつ頂く手法を取りました。

ホウボウ

結局、混ざるんだけどねw

1杯目は生たまごのみ

2杯目はネギをトッピング

3杯目は海苔をトッピング

ホウボウ

たまごかけご飯でなく、もはや生たまご雑炊やw

まとめ・感想

確かに美味しいたまごかけご飯ではありましたが、筆者の肌感覚とはかけ離れた価格と感じました。

「たまごおかわり自由」と言われても、ご飯の量からすると、3個でもご飯が全く足りません。

食べログなどのネット情報では、「7個~10個」食べた強者もいます。

もしかしたら、ご飯をおかわりしたかもしれませんが。

筆者が行ったのは平日の16時頃でしたから客は筆者一人でしたが、ネット情報によると「何時間も待つほどの行列」ができるほどの人気店のようです。

場所も豊岡市の奥深い不便な場所にあるのに、「たまごかけご飯を食べに行く人が大勢いる。」事実もあります。

筆者は「たまごかけご飯」は好きですが、この価格帯となると「正直、他食べようよ。」派になりますね。

筆者には「たまごの質の違いによるたまごかけご飯の奥深さ」を理解するには、まだまだ修行が足りないというところでしょうねw

丹熊

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる