豊岡【かき船】本場広島かき料理店の天丼がインパクトありすぎで最強

広島が地元の筆者の好物の一つが牡蠣。

本場広島かき料理をいただくことができる「かき船」におじゃましました。

ホウボウ

ただ広島ではかき料理を食べないんだよねw

夜のメニューでたらふくかき料理をいただきたいのですが、なかなかのお値段になるので、ターゲットはランチ。

ランチのかきふらい定食は1,400円(税込)。

ホウボウ

「カキフライ」でなく「かきふらい」がいいね

かき以外もランチメニューもあります。

ただ筆者が最初に紹介したいのは、かきふらい定食ではありません。

もちろん、かきふらい定食は頂いたのですが、天丼のインパクトが強すぎたので、こちらから紹介しますw

目次

天丼 800円(税込)

こちらがインパクト強すぎの最強天丼。

ホウボウ

なんじゃこりゃあ、フタが閉まってねぇwww

今までで一番のフタを外す期待感

ホウボウ

ってか、もう見えてるじゃんw

ホウボウ

米が見えねえ

天丼の主役・エビフライを中央に魚・イカ・レンコンなど多くの天ぷらがところ狭しと盛り付けられている具材メガ盛り天丼。

ホウボウ

まさに最強と言う称号がピッタリや

これだけ具沢山だと食べ方は、「天ぷらをある程度先に食べ、白飯が見えるようになったら、どんぶりに天つゆをかけて、お馴染みの天丼にの姿にする。

ホウボウ

これしかないでしょうw

お味の方はもちろん美味。

えびなどの天ぷらのころもは、ほどよい厚みと柔らかさで気持ちいいサクサク感。

天つゆのかかったかき揚げと白米が混ざった時の味わいもグッド。

メガ盛りの見た目だけでなく、天ぷらの繊細的な部分も味わえる美味しい天丼でした。

かきふらい定食 1,400円(税込)

本場広島かき料理店の「かきふらい定食」

広島のかきは水ぶくれした大きいサイズのかきが多いのですが、かき船のは普通サイズ。

揚げ具合の仕上がりも良く、何もつけずに最初の1個をほおばります。

パリッとした薄いころもの中のかきは、身が引き締まってプリプリでした。

カキフライをいただく時につけるのは、タルタルソースやレモンが多いと思いますが、かき船ではレモンの他にケチャップ。

2つ目はケチャップでいただきましたが、筆者の味覚ではイマイチ合わず。

かきの旨味が消される感じがしました。

今回は何もつけずか、レモン汁で美味しく頂きました。

店内

かき船は出入口を開けると、ふすまがあり、ふすまの中が店内になります。

履き物をぬいで、ふすまの中に入ると、小さなカウウター席とテーブル席が一つあります。

奥には宴会のできる部屋があるらしいようです。

かき船の由来

かき船は創業者が広島出身で(今も女将さん以外広島の方のようです。)かれこれ4代目になるそうです。

冬の時期に豊岡でやかた船をだしてかき料理を提供していた「かき船」をされ、夏場は広島に帰っていたそうです。

その「かき船」が陸にあがって、お店の名をそのまま「かき船」とし、年中営業することから今は豊岡に住み着いているとのことでした。

まとめ・感想

本場広島かき料理と言うことで気になっておじゃましましたが、天丼のインパクトが強すぎて、かきの印象が薄まってしまいましたwww

豊岡で日本酒と言えば香住鶴なので、もちろん香住鶴が置いてありますが、広島西条の賀茂鶴広島竹原の竹鶴が置いてあります。

竹鶴と言えばマッサンなので、山崎ももちろんありました。

ランチはの味はもちろん美味しかったのですが、小さなカウンターで広島の牡蠣をつまみに広島の地酒をしっぽりと大人飲みするのに、雰囲気の良い感じのお店なので、次回は夜におじゃましようと考えています。

おわり

かき船

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる