「天国はつくるもの」てんつくマンin名護。

-->

てんつくマン・・・前から気になってたのですが、生で会える日がついにやってきました\(~o~)/
高橋歩トークライブのスッタフ仲間が、てんつくマンのイベントスタッフだったので、これは「会えるってサイン!!」みたいな感じで行ってきました。

てんつくマン:軌保博光(のりやす ひろみつ )
88年山崎邦正(現:月亭方正)とコンビを組み、お笑いコンビTEAM 0(ゼロ)をを結成。
テレビ番組を中心に活躍。94年映画製作という夢を見つけ、吉本興業を退社。

1996年、ドキュメント映画の製作を企画。
しかし、制作費6000万円を集めるために映画のキャラクターグッズを台湾で作ろうとしたが、7万個作ったら6万個の不良品がやってきて、結局800万円の借金を抱えることになった。

そして、路上に4年半座り、筆と墨で一人一人にインスピレーションで言葉を書く 書き下ろしを始める。
大ブレークするまでの長い道のりを乗り越え、その後百貨店で個展を開催し、一年間で6千万円を集める

2003年、7年間追いかけた夢、映画「107+1~天国はつくるもの~」が完成。

日本を中心に海外でも講演活動、ワークショップ、個人セッション、映画製作、植林、山の手入れ、災害緊急支援、カンボジア支援などをしながら45歳にしてプロゴルファーを目指している。
??????????????????????

映画「天国はつくるもの」Part1
リアルに涙を流しましたね。

映画の内容は・・・

すべてはやるか やらないか あきらめるか あきらめないか
天国をつくろうとしたド素人たちの真実の物語ドキュメンタリー。
死んでから天国にいって幸せになってもしょうがない。
生きている現在いまを天国にしてしまおう!

そんな呼びかけに、日本全国からアホな若者たちが大集合
天国の舞台は、美ら島ちゅらしま・沖縄。
住むトコなし。お金なし。知識なし。経験なし。自信・・・・・・・?
ナイナイづくしのド素人たちを持っていたのは、
ちょっとの勇気と、でっかい想いだけ。

合言葉は「動けば変わる。やっちまえ!」

しかし目の前に現れたのは、想像を超えた難問ばかり。
「やめろ!」「無理だ!」「死ぬぞ!」「アホか!」
挑戦者たちに降り注ぐ否定の言葉の数、数、数。

「絶対にあきらめない!」
どんな逆境にもこたえないアホな若者たちの情熱に、
沖縄のこどもたち、おじぃおばぁ、そして全国の仲間たちも動きはじめた。

沖縄5ヵ月、海にでること1ヵ月、そして未だ混乱の続くアフガニスタンへ・・・・・・。
天国をつくる挑戦ははじまった。

心に響くの映画とトークショーでした 😛
本にサインとインスピレーションの書下ろし^^
??????????????????????

??????????????????????

さっそく、書下ろしを飾りました 😛

??????????????????????

??????????????????????

てんつくマンに頂いた言葉

「あなたの本当の喜びは何ですか?」
聞かせて下さい。

みなさん、沖縄に「喜び」を表現しにきませんか?

お得な割引情報ご宿泊特典

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ