豚肉の沖縄で鳥と卵の専門店鳥玉。

 

 

 

 

沖縄で肉と言えば、豚か牛いやいやヤギかもって言う感じですかね。

まっ、鳥ってイメージはありませんよね。

 

沖縄ローカルのチェーン店「鳥と卵の専門店 鳥玉」。

現在(2018年11月)沖縄本島に5店舗あり、企画・経営をしている会社は他にも沖縄県内でいろんな飲食店を多数営んでる企業のようです。

 

地元読谷村にも58号線沿いにあります。

 

店内

 

ファーストフード店のような店構えです。

 

カウンター席だけでなく、テーブル席もあります。

 

 

鳥玉の4つの秘密。

特に卵は1ヶ所の契約ファームからの仕入れで、かなりのこだわりのようです。

 

 

メニュー

 

 

メニューの種類はかなり豊富です。

 

オーダーしたのは鳥玉名物チキン南蛮

写真のタルタルソースが食欲をそそります。

 

定食類はいろんなものが選択制になっています。

 

白米と五穀米

鳥だしスープと赤だし味噌汁

たまご巻きは日替わりになりますが、もちろん選択制。

かつお出汁と柚子塩出汁(月・火)

かつお出汁と煮干し出汁(水・木)

かつお出汁とアーサー出汁(金・土・日)

 

アーサー出汁はやっぱ沖縄ならではですね。

 

 

鳥ハンバーグってのは食べたことあったかなぁ。

次回、挑戦してみましょう。

 

 

オーダーしたチキン南蛮。

たまご巻きは少し時間がかかるらしく、後からでした。

 

五穀米。

白米と五穀米と聞かれると、ほぼ100%五穀米ですね。

普段食べる事がないし、ましてや自分で作ることもないからね。

 

チキン南蛮。

甘酸が掛けてあります。

 

 

4つの秘密のタルタルソースのところに書いてあったゴロゴロ卵。

タルタルソースをつけて食べてみると、結構濃い味。

ごはんと合うって意味がよく分かりました(笑)

 

 

チキン南蛮。

甘酢無しの味も楽しみたいから、できれば甘酢はかかってない方がよかったなぁ。

 

 

 

鳥玉自慢のタルタルつけて食べてみます。

 

個人的には濃厚度合が高いので、たっぷりつけない方が美味しく頂けましたね。

イメージは刺身にちょこっと醤油をかける感じかな

 

柚子塩出汁のたまご巻き 

たまご焼きでもなく出汁巻きでもなくたまご巻き。

 

 

醤油がニンニク醤油とだし醤油の2種類あります。

 

 

というこで、2種類の醤油を試してました。

左がニンニク醤油、右がだし醤油。

 

4つの秘密に書いてあったぷるふわの新触感。

ぷるはよく分かりませんが、ふわはよくわかりましたよ。

 

まずはだし醤油から。

これは合いますね。

さっぱりして、食べやすい。

 

次はニンニク醤油。

ニンニクが強く、たまご巻きが完全に負けました。

あっさりしたたまご巻きにはちょっと会いませんでしたね。

 

鳥だしスープ。

 

 

さっぱりしたやさしい味。

タルタルソースが濃い分、この味が口の中をさっぱりしてくれました。

 

 

 

場所

 

那覇方面から国道58号線を北上。

読谷村に入り大湾交差点を超えると、右側にあります。

ただ手前がセガフレードと言うカフェがあって、その奥にあるので見つけづらいかもしれません。

それを過ぎると、モスバーガー、ラーメン屋、やよい軒とかが出てきます。

 

 

鳥と卵の専門店 鳥玉。

今のところ沖縄本島しかないお店なので、「沖縄にしかない。」を期待している人はいかがでしょうか?

 

おわり

 

〒904-0313

沖縄県読谷村大湾34

098-989-3288

お得な割引情報ご宿泊特典

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ