葛飾北斎も浮世絵で描いた!! 沖縄の隠れた史跡「三重城」。

-->

那覇市のロワジールホテル那覇の裏手に密かな史跡「三重城(ミーグスク)」があります。
こちらは現在、海上保安庁の那覇信号所になっており、国有地みたいですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

三重城入口横には「水神」の拝所も設けられていました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

階段を昇り、三重城に入ります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鳥居をくぐると、目の前に海上保安庁の通信施設がそびえています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

奥に入ると、祠がありました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
海を見ていると、那覇空港から飛び立つ飛行機がよく見えます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

三重城とは16世紀ごろ倭冦などから那覇港を守るため、 防衛拠点の砲台としての長堤のことで、那覇港からしっぽのように長く伸びた堤防です。

葛飾北斎がこの三重城を「琉球八景」として浮世絵として描いてます。ただ、葛飾北斎は実際に琉球を訪れた訳ではなく、1756年に来琉した冊封使・周煌が書いた琉球の見聞録『琉球国志略』に収録された絵図(「中山八景」)を元に描き、想像で着色したものとされています。

そして面白いことにその三重城が復元されてます。

上が葛飾北斎の浮世絵で下が復元されたものです。
images

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

復元されたものをアップしますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ピンときた大河ドラマファンの方もいらっしゃるでしょう 😛 。
1993年(平成5年)「琉球の風」のオープンセットなんですね。
主演は少年隊の東山紀之。
そして特徴的なのは、沖縄県ではウチナーグチによる吹替版が放映されたんですね 😛 。

復元の三重城の入口左には・・・・「さんご畑」。
そうなんですね。この復元された三重城は読谷村「Gala 青い海」の前にあるんですね 😛
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当時はもっと大きかったんでしょうね 😛 。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当時も水平線を見ながら警備されてたんでしょうね 😛 。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガイドブックにまったく載らないと過言ではない隠れた史跡「三重城(ミーグスク)」。
沖縄の歴史的にも重要なようで、様々なお話があるようです。
那覇市と読谷村の繋ぐ知る人ぞ知る隠れた観光ルートですね 😛 。
復元された三重城には沖縄ゲストハウスふしぬやーうちーから15分のところにあります。

お得な割引情報ご宿泊特典

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ